初めてのオペラ鑑賞
東京文化会館にて姉と初のオペラ鑑賞。
本当は母が来るはずだったのですが、都合が悪くなり急遽私が代役で。

今回は主役の女性が母の知り合い、とのことで見ることになったようです。
席は舞台に近いS席。

今回は「カヴァレリア・ルスティカーナ」「パリアッチ(道化師)」の2幕。
オペラに明るい方ならきっと知っている有名な作品かと思いますが、私は不勉強のため新鮮な気持ちで見ることができました。
全てイタリア語での上演ですが、サイドの電光掲示板に訳が表示されるので苦なくストーリーを追えます。

とにかくその空気が震える声量に圧倒されました。
歌声、表情、身振り手振り全身での演技、熱気が伝わってきます。

どちらも男女間の愛情がキーになっているので理解しやすい。
何時の世も人を思う気持ちは変わらない、根幹にあるものなのだな。

舞台のライティングやセット替えもおもしろかった。
良い経験をさせていただきました。

この日は姉の誕生日。
はじまるまえに、リモネッロでごはんを一緒にたべました。
シーフードのパスタと、しらすのピザ。


関連記事



( 2012.07.13 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL