スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
偶景


セツの村松先生の個展へ。

一見すると何が描かれているかわからないのだけど、じっと見ていると水平線に見えたり空に見えたり…
言葉では表せない時間、空間が描かれている気がしました。
禅…石庭のよう。
近づいたり離れたりするとまた表情が変わり、ずっと見ていたくなる。

こんな素敵な絵を描くひとと一緒にデッサンできるのってすごく、幸せなことだな。


青山に移動し、イラストレーターのあずみ虫さんの個展へ。
動物や自然、たてものなどブリキや陶器でつくられた作品のかずかず。

以前、雑誌のインタビューでブリキに描くという手法に出会って、制作が早くなったというお話を目にしました。
むしろ不自由に思える表現方法がかえって自分の持ち味をだしてくれることもあるのだな。
関連記事



( 2012.06.29 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。