スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
トーマス・デマンド展


東京都現代美術館で開催されている「トーマス・デマンド展」。
気になっていたところ、友達が招待チケットをもらったということで連れて行ってもらいました。

一見するとほんもののようなのですが、実は全て紙でつくられたもの。
精緻さに気が遠くなり、すみずみまでじっくりと、眺めてしまった。

それぞれのシーンには全て背景があるそう。
見終わってから解説を見ると、謎が解けた気分になりました。

写真をもとに模型をつくって、それをまた写真におさめると虚構がほんものになって…
ループしているけどやはり作品化されたものは違和感があって、よりそのシーンの意味について考えてしまう。
不思議な体験でした。

常設展も観覧。
床にねころんで映像を見上げるピピロッティ・リストの作品や奈良美智さんの絵画など。


展覧会のあとは食事やお茶をしながら絵を描きあうなど…
顔をスケッチさせてもらいました。

sayoちゃんが描いてくれたわたし。モナリザみたい。



帰り道、夕焼けが綺麗でした。

関連記事



( 2012.06.20 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。