第十五回文化庁メディア芸術祭
ことしも「文化庁メディア芸術祭」にいってきました。



「SPACE BALLOON PROJECT」スマホが宇宙へ。事前に募集されたつぶやきが宇宙空間に漂った。

つぶやきがリアルタイムで会場内のバルーンに反映されるという仕掛けも。

自分の動きを真似てぬいぐるみが踊る「Monkey Business」
このぬいぐるみ、イメージにあうものがなくてオークションで100円で手に入れたとか


デジタルフォト作品「Dark Matter」


振り子運動によるドローイングロボット


毎年楽しみな漫画部門。大賞「土星マンション」読んだことないんだよなー読まなきゃ。


岩岡ヒサエさん手作りぬいぐるみたち


「あの日からの漫画」しりあがり寿さんの、311からの活動をまとめて紹介しています。

しりあがりさん、いち早く現地へ飛びこどもたちに絵を描いたりボランティア活動をされていて、twitterなどで避難所などの現状を訴える声がとてもリアルだったのを思い出します。
こどもにルフィを描いてと言われて描いた絵に「違う」とダメだしされてたのが印象的でした。しりあがりさんの描くルフィ。





今回行けなかったけれど受賞作が読めるコーナーが別会場にセットされていた模様。

また、映像部門の「醜い声」は創作なのか、ドキュメンタリーなのか…
記憶の曖昧さを追体験できます。
たりない記憶を脳が、補完するんだろうな。
MONSTERを彷彿とさせるそこはかとない暗さがありました。

五大学卒業展示も同時開催されていたので、そちらもたっぷり観て、お腹いっぱい。
無料でここまで楽しめるなんて粋だなあ。
関連記事



( 2012.03.01 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL