スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
コスチュームアクセサリーの歴史
友人に誘われ祐天寺のアクセサリーミュージアムに行ってきました。

こんなところにこんな施設があるなんて知らなかった―!

スタッフのかたにも「どうしてここを知ったんですか?」と何度か、聞かれました…
この時のお客さん我々だけだったのですが、普段もお客さん多くないんだろうなー。


ジュエリーというより「コスチュームアクセサリー」のミュージアム。
高級なものから安価な装飾品も含め、時代と共に移り変わるアクセサリーの変遷が見られます。

当時は安価といえどベークライトやカゼインなど、あまり使われなくなった素材のアクセサリーはいまや貴重品。

ラリックやガレのランプからディオール、シャネルなど近代デザインまでカバー。
アクセサリーだけでなく当時のコスチュームなども一緒に展示されています。

美しい細工の絢爛なアクセサリーにも惹かれるのですが、
レトロ、キッチュな昭和時代のアクセサリーなどにもグッときました。




スタッフのかたが詳しく説明してくれて、楽しみながら拝観できました。

アクセサリー教室なども併設されてるようです。
壊れたアクセサリーを直していただくこともできるそう。

-----------*
●アクセサリーミュージアム
http://acce-museum.main.jp/
〒153-0051 東京都目黒区上目黒4丁目33-12
関連記事



( 2012.03.28 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] fashion
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。