スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
歌川国芳展
ばばさんと、「没後150年 歌川国芳展」を見てきました。久々に六本木ヒルズ。

せっかくアーツセンターに行くので同じ52階の「マドラウンジ」でランチしました。


晴れて、すてきなながめ。





パスタを選べたので、ポルチーニ茸のクリームソースフェットチーネをいただきました。
仕事辞めてから外食することも減ったので、こんな素敵ランチひさしぶり~。
景色のよさにテンションが上がり、長居してしまいました。

さて、ランチのあとはお待ちかねの国芳展。
休日ということもありかなりにぎわっていて、列ができていました。



作品の内容は数えるほどしかしらなかったのですが、今回集められた作品たちを一挙にみて、その仕事量の多さに圧倒されました。

特に擬人化されたねこや金魚の作品群がかわいかった。
人間も好きなんだろうけど動物が好きなんだろうな…。

理屈抜きで見ることができる作品ばかりでとても楽しめました。中には今話題の、「スカイツリーに見える建造物」が描かれた作品なども!

それにしても西洋の絵画技法を取り入れていたり(というかままパクリのものも…)当時の政治体制をぎりぎりのところで風刺していたり、江戸っ子の期待にこたえるべく次々とウィットに富んだ作品を送り出していた、国芳。

受取り手のことを考える姿勢、見習いたいです。

関連記事



( 2012.01.29 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。