スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
羽海野チカ原画展~ハチミツとライオン~
羽海野チカさんの原画展「~ハチミツとライオン~」に行ってきました。



今日が最終日。かなり混んでいるというのを聞いていたので
覚悟していたのですが、14時半くらいに行ったら15分ほどで入れました。

やはり女子多めでしたがカップルや男性一人できている方も結構いました。
中には将棋関係者と思われる方も…。

twitterで検索すると混み状況や感想などがリアルタイムでわかるので便利。

しかしなぜ皆順路がないのに、並ぶのだろう…。

最初の展示室は混んでいて身動きがとれなかったので
比較的空いている奥のエリアをみて、
戻ってきてじっくりとまだ見ていないエリアを鑑賞。

カラー原画は本当に繊細に描かれていて、心が暖かくなるものばかり。
カラーでよく使われているグリーンの線がきれいです。
水色やピンクなどの色の取り合わせも、なんでこんなにかわいくできるのか。
用途によって主線があったりなかったり描き分けられているよう。

「ハチクロ」と「3月のライオン」それぞれのターゲットに合わせても
背景やテイストが変えられてるなーと感じました。

一方白黒の漫画原稿からは作品にこめられた思いが伝わってきてくるしいほど。

原画だけでなく展示方法にも気合が入っていて、竹本くんが旅した自転車や
リアルねこ将棋、三日月堂のお菓子が再現されていたり…
写真撮りたかったなあ。

入り口のところにある各界のハチクロファンの漫画家さんや著名人の皆様からの色紙も豪華。
うすた京介さんやよしながふみさん、よしもとばななさんなどそうそうたる顔ぶれです。

通常コミックスには収録されていないその後のハチクロ的な
おはなしの原画もあったりして、ここは特に人が動かないゾーンでした。

特に注目は漫画作品ができるまでを追ったコーナー。
アイデアノートやネーム前のさらに下書きまで見ることができます。

ハチクロファンも、ライオンファンも楽しめる素晴らしい展示でした。

そのほかにもリブロコミックコーナーに少し原画が飾ってあるとのことだったので忘れずにチェック。
原画展を見たあとは池袋西武3階の「ケンジントン・ティールーム」で遅いお昼。

こちらもtwitterで羽海野さんが紹介されていたのを見て、
一度食べてみたい!と、この機会に訪れてみました。

ボリュームたっぷりのクラブハウスサンドイッチ。

なんと焼き鳥のような味付けのチキンと海苔がはさまっているという
独特のメニューですが、これがサクッとトーストされたパンと合ってかなりおいしい。

エッグツナサンドにも青じそがサンドされていたりと一味ちがいます。
後味がさわやか!おうちでも試してみよう。





アッサムミルクティーと一緒にいただきました。
紅茶専門店だけあってお茶がおいしい。

スコーンやケーキメニューも豊富だったので今度きたときは、ためしてみたいな。
アフタヌーンセットも捨てがたい。
関連記事



( 2011.08.18 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] cafe comic
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。