スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
その日のまえに
「その日のまえに」重松清

sonohi.jpg


同僚に借りて読了。

短編集と思いきや読み進めるうち
実は全ての話がつながっているのだと
気がつきます。

べつの話として読んでいるのに、
つぎの話のなかでは淡々とそれ以前の話の主人公の行く末が出てくる。

ひとが亡くなったからといって、そのまわりの人は
どんなに悲しくても“日常”を過ごさなければならない。

死ぬってなんだろう。例えば今自分が占めている
場所が無くなると、どうなるんだろう?

そんなことを考えました。

関連記事



( 2006.07.24 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Book
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。