スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
【読メモ】明日の記憶
「明日の記憶/荻原浩」


映画にもなった話題作ですが、初読。

若年性アルツハイマーに冒された主人公が
これまで、できていたはずのことが少しずつできなくなり
砂がこぼれるように、記憶が消えていくこわさ。

「仕事が普通にできるだけで幸せじゃないか」

これは愚痴をこぼす同僚に対する、主人公の心の中のせりふだけど…
ハッとさせられました。


アポをすっかり忘れてしまうなど
仕事にまつわる描写は、自分だったら…と考えてしまい、
読んでてつらかった


ラストは悲しくて美しい。
映画も見てみたいな。

表紙には映画の渡辺謙さんの写真が使われているものだから
もうそのイメージしかないのです。
関連記事



( 2010.09.05 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Book
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。