スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
グランドキャニオンツアー
2日目は、グランドキャニオンをまわるツアーに参加してきました。

まずホテルからピックアップしてもらいマイクロバスで空港へ。
時間は朝の6時!まだ眠い。

P1000487.jpg

こんな小型飛行機でゆきます。

P1000496.jpg


飛行機は、思ったほど揺れません。
着陸するとき少し揺れるかな?くらい。
1時間以上のフライトなので、途中眠れるくらいの余裕も。

DSCF4412.jpg

日本より長いというコロラド川。
ここを超えると1時間時差が生まれるそう。

DSCF4425.jpg


P1000506.jpg

そこからまたバスでグランドキャニオン国立公園へ。

P1030037.jpg

この日は割とすいていてスムーズに入ることが出来ました。
混むときだと1時間以上まつこともあるのだとか。
今日は日帰りのコースなので、サウスリム(南壁)のポイントをふたつまわります。

バスから外に降りた感想は…寒い!

この日は-4℃とのこと。
太陽が出るとどんどん気温はあがるらしいのですが…
最低で-22℃ということもあったのだそう。

さて、そんな極寒の中見たグランドキャニオンは…


写真でお伝えしきれないかもしれませんが
本当に圧巻でした。

P1000517.jpg

P1030002.jpg

P1000512.jpg

本当に地球の割れ目、という感じ。
ここに落ちたら地球の中心まで転がっていけそう。

この日は良く晴れていたので陰影もくっきりしていてきれいに見えました。
夏だともやがかかっててはっきり見えないこともあるのだとか。

P1000535.jpg

雪をまとったグランドキャニオンもきれいです。
下がすべりやすいので要注意!

P1030016.jpg

P1000529.jpg

P1000531.jpg

これだけでもアメリカに来てよかった・・と思えるくらい
すばらしい景色でした。

P1000532.jpg


ツアーで使われるミュールという動物。日本で言うラバにあたるそうです。
このミュールに乗って下まで降りるツアーは1年先まで予約でいっぱいなのだそう。

馬は前しか見ることが出来ないので不向き、ろばはちゃんと自分の足下を見ながら歩けるけど、
体力不足…ということで、ミュールが重宝されるんですって。

P1030039.jpg

可愛いキャビン。実際宿泊することもできるのだとか。
基本的にシャワーなどの設備はないらしい。

P1030008.jpg

ブライト・エンジェル・ロッジ。
奥にビューポイントがありおみやげを買ったり軽食をとることもできます。

P1030036.jpg


おまけ。
このツアーにはビュッフェタイプのランチがついてきした。
種類が豊富でどれもボリューミー…そして大味。。

P1030047.jpg

P1030045.jpg

P1030044.jpg

着色料が…いっぱい使われていそうなケーキ。
可愛いけど体にはあんまりよくなさそうだな。

このレモン色のケーキはシュガーフリーとのことでしたが
べたつく、謎の甘さ…

食べ物は味より量!という感じでダイナミックなものが多いです。
この旅でまた、太ったかも…
今日の夕食はなしにしよう。

さて、いよいよあしたは最終日!早めにねます・・・
関連記事



( 2009.12.27 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。