スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ターシャ・テューダー展
高崎市美術館で開催されていた「ターシャ・テューダー展」に
母といってきました。

ターシャ・テューダーはアメリカの絵本作家。
作品の魅力ももちろん
自然を愛し、暮らしを愛したスローなライフスタイルが多くの人から
支持されています。


ターシャが実際に使っていた道具たち。

会場ではこのほか、コレクションのアンティークドレスや
バターつくり器などの生活用品などが展示されています。
絵の具のついたパレットにじわっと感動。


もちろん絵本の原画やイラストレーションも
展示されています。

比較的、新しい物がおおかった。

以前読んだ本で、ターシャは自分の作品で満足のいかないものは
全部燃やしてしまったという話があったけど…
昔の物はあまり残ってないのかもしれない。
ここにあるのはそれをまぬがれたものなのかも?

最後の絵本となった「コーギビルのいちばん楽しい日」の原画は、全て見ることができます。


コーギー犬のくらす「コーギビル」での生活をとおして
古きよきアメリカのくらしをうかがえるシリーズ第三作。

コーギーたちのしぐさがなんともかわいらしい。
実際に何匹ものコーギーにかこまれて生活していたというから
こんなふうに、実際はありえないんだけど
なんだかリアルな動きがかけるんだろうな。


絵本に登場するキッチン道具や家具も実際に使っていた
ものがモデルなのだろうなあ。


ただこれはかなりやっつけで書かれたってはなしなので…
視力の低下などもあって細かいところとか見ると
やはり以前描かれたもののほうがクオリティが高い。

ターシャがアーティストといえるのは
生活全体を見たとき。



会場の一部(旧井上邸)にターシャの庭が再現されていました。
ここは撮影可。



テラスでハーブティーを配っていました。
私がいただいたのはラベンダーカルピス。


高崎での開催は8月30日までとのこと。
たまたま帰省してる時に開催されててラッキーでした。


●ターシャ・テューダー展
http://www.nhk-sc.or.jp/event/contents/tasha_takasaki.html
関連記事



( 2009.08.16 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:2 ) ( EDIT )
コメント

ターシャ・テューダー展

おれも行ったよ。ポスター見て何の気なしにぷらっと行ってみたらなかなかよかったわ。

( by : つか * URL ) ( 08/17 - 00:19 ) ( 編集 )

Re: ターシャ・テューダー展

つかちゃんも行ったんだ!よかったよね^^
たまたま帰省してたときに見つけてラッキーだったよ♪

( by : arrow(Peikko) * URL ) ( 08/17 - 21:42 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。