草津への、小旅行。
土日、草津へ。群馬にうまれながら草津ははじめて!
幼稚園からのつきあいの、幼なじみ2人との旅です。

高崎から、鈍行で長野原草津口へ。
道中、桜や菜の花をながめながらのんびり列車のたび。

だんなさまと、駅までむかえにきてくれた
あゆの家にあそびにゆき、お茶をいただく。

広くてきれいでゆきとどいた家に感動。
こんな暮らし、したいなぁ…。


お昼は、近くのお店におそばを食べに。
さくらの花がのった天せいろ。



えびやかぼちゃはもちろん
とろっとしたそばがきのような天ぷらがめずらしく、おいしい。


そして、あゆの車でペンションへ移動。
すぐついた。なんと、事前に下見にきてくれていたそう。
重ね重ね、ありがとう…

かわいらしい外観。その名もらんぶる。


荷物をおいたあと、湯畑に散策へでかける。
よくテレビなどでみる、あの光景。
エメラルドグリーンのお湯が流れ出ている。









湯もみのようすをみようと思ったがならんでいて断念。
温泉街を散策。温泉街の雰囲気って好きだ…

温泉ガラスというガラス製品が気に入り、
さんざん迷いぐいのみをふたつ購入。
透きとおったグリーンがきれい。



友達も、さんざん迷ってワイングラスをふたつ買っていった。

あと、おはしがたくさん売っているお店で
漆ぬりのおはしを2ぜん。
ちゃんとしたのがほしいなと思っていたから。


歩いてたらふかしたてのお饅頭とお茶をもらう。
茶と白と、みどりの3種類。

白いお饅頭、くりがはいっていておいしい。
食べてお茶ものみ、なにもかわずソソクサと立ち去った。


ひとしきりあるいて宿にもどるとちょうど夕御飯の時間。

ここはごはんがおいしいと聞いていたけど
ほんとうにおいしかった。

きのこのプリン仕立て、いとよりの春菊ソース、
豚のピクルス煮など意表をつく組み合わせにしたつづみ。





デザートの、パンナコッタのマンゴーソースも
しゅわっとソーダがきいて、なんともおいしかった。


そしておまちかね、お風呂。
内風呂と岩風呂があり、貸し切りにできる。

しばらく待ち、ようやくあいた内風呂へ。
思いの外熱い…けど気持ちいい!

のぼせて、水をたくさんのむ。
温泉とか、サウナって…長く入っていられない。


食堂のよこのスペースで、
外で買ってきたいちごワインとおつまみを広げてちいさく宴会…。
見つかって怒られるかと思ったけど大丈夫でした。


それで思ったこと。

人はしらずしらずのうちに、つごうのいいように感情を修正してしまう。
それに気づかずにいるとどんどんつらくなって壊れてしまう。
でもそれに気づくのってむずかしいだろな。


お部屋にもどったら疲れたのか、すぐ寝てしまった。


あしたにつづきます。
関連記事



( 2009.04.12 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL