スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ピカソとクレーの生きた時代
picaso.jpg

文化村にてピカソとクレーの生きた時代 展。

印象深かったのはシャガールの「バイオリン弾き」
ピカソの「鏡の前の女」
クレーの「踊りの場面」「赤と白の丸屋根」「リズミカルな森のラクダ」


じわっとにじむ色、色、色…
色彩画家と呼ばれるクレーの色たちに魅了されました。
その一方でシンプルな線画にも惹かれます。
病床で描いたという天使のドローイングも、見てみたいな。

シンプルな線がいろいろ訴えかけてくる。
私もそんなのが描きたい。
関連記事



( 2009.01.18 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:2 ) ( EDIT )
コメント

お~抽象絵画は描く対象がインスピレーション与えますネ!私もArrowさんの色遣いや線描写が大好き~。その表現力のいつもセンス・オブ・ワンダーです!頑張って下さい!:)

( by : 浅間火山 * URL ) ( 01/21 - 14:28 ) ( 編集 )

ありがとう!

前浅間先生が描いてくれたジャケも色合いが素敵でしたわ♪
また描いてほしいわ~

( by : arrow * URL ) ( 01/21 - 23:23 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。