スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
とり残されて
とり残されて/宮部みゆき

怖い話が苦手な私にはかなり怖い本です。
もう表紙からして怖いのでうかつに読み返せないんですが
時折、読み返したくなるんです。

短編集なのですが、どの話も最後は鮮やかに裏切られ、
読み応えがあります。

お気に入りの話は「たった一人」
これは怖くない。
少女マンガにしてもいけそうな話。
もしも映画化なんかしたら探偵・河野の役は是非
阿部寛にやって頂きたいなと思います。

自分がその人の人生の鍵を握っているたった一人の相手。
それに会ってしまったらどうなるのか?

最後にヒロインが見せる強い意志にゾクゾクしました。



関連記事



( 2006.04.17 ) ( よもやま ) ( COMMENT:2 ) ( EDIT )
[tag] Book
コメント

宮部みゆき、いいですよね~。
私もこの本、好きです。でもカナダを発つときに友達にあげてしまいました(>_<)
それでも「たった一人」と「取り残されて」、「おたすけぶち」もよく覚えています。なかでも「たった一人」は読み終わったあと、なんか泣いちゃった。

阿部ちゃんの配役はイケソウ!!

( by : Myums * URL ) ( 04/19 - 23:21 ) ( 編集 )

「たった一人」もうどうにもならない、取り返しの付かない感じが切ないですよね。
「おたすけぶち」も印象深かったです。これを読んで、守るものがある人間は強くて怖いなと思いました。

( by : arrow * URL ) ( 04/20 - 00:13 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。