スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ハッピーバースデー
友達のバースデーということで前からいってみたかった
高田馬場のビストロ、ラミティエにディナーをたべに。

ボリュームがあるのに良心的価格だからして、予約をとらないとはいれない人気のお店です。


このことも長いつきあいになります。
最初に会ったのは、中学一年生のときでした。

あれから大人になってすごくきれいになったけど、
根っこで大事にしているものは変わってないので一緒にいて安心します。


まずはお料理をオーダー。
プリフィクスコースなので前菜にアボカドと小エビのカクテル、
メインに鴨のコンフィを選びます。
たのむたびフランス人らしきギャルソンが
きれいな発音でいいなおしてくれるのも演出。

まずはこばれてきた前菜はうわさに違わず迫力のボリューム!

どさどさとクレソンがのった大きなタルタル。これだけで
普通の前菜3人分くらいの量がありそう…。

えびはぷりぷりしていて、苦味のあるクレソンに
酸味のあるソースと絡めて食べると大量でも飽きずに食べられました。


067.jpg

070.jpg


鴨は皮がぱりぱりしていてお肉が骨からするっとはずれるやわさ。
お肉の下にはシュークルート(サワークラフト)がこんもりと盛られています。
友達の頼んだ牛ハラミステーキもすごくて、フライドポテトの山の上にお肉が浮いている…!

はらぺこでいったので全然余裕!と思っていたけど
やっぱりおなかいっぱいー。
でもデザートはちゃんと食べました。

コーヒーソースに浸かったフォンダンショコラと、洋なしタルト…
半分こして、ふつうのカフェのケーキひと切れぶんくらいの大きさなんだからっ。

こぢんまりしたきどらない雰囲気で(なにせ馬場だし)入りやすい。
事前に予約が出来るカジュアルなお祝い事なんかに良さそうです。


良いころあいで用意したカードとプレゼントをあげて、お祝い。
「ここ最近でいちばんうれしい」よろこんでくれたみたいで、良かったぁ。

自分の悪い癖で、気を許しすぎると甘えが出てしまうので気をつけないと。
親しき仲にも礼儀あり、という言葉を自分のことばとしてあらためてとらえなおします。


ラミティエ(食べログ)

関連記事



( 2008.09.17 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。