スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
あかし



何かのドキュメンタリー番組を見ていて、どこかのシェフが昔超荒れていて何もかもいやになって、出た旅先でたどり着いたお店で食べたお料理がものすごくおいしくて、それで料理人をめざしたのだという話をしていた。

人の人生をがらりと変えてしまう料理ってすごいな。

人は生きていれば何かしら人の心に何かを残しているものだと思う。
それは別に有名になって本を書いたり公演にまわって演説をしたりということだけではなくて、何気なくつぶやいた一言だったりさっと作ってくれたごはんだったりさりげなくくれたおみやげだったり、そのときはさほどどうともどうとも思わないけどふと思い出した時にすごく鮮やかに蘇ってくる、あれってなんなんだろうなあ。言った本人も覚えてないようなことなんだけど。

そんな小さな、あかしみたいなものを残しながら細々と生きていたいです。
関連記事



( 2008.09.14 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] illust
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。