スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
トンボ玉美術博物館
ちひろ美術館のある一帯は、安曇野アートラインと称して美術館、博物館がたくさん。
もう一館、とんぼ玉美術博物館にたちよりました。



世界のトンボ玉がずらり展示されており、
その緻密な細工に驚きます。
今の技術を持ってしても同じ物はつくれないのだそう。

国によってやっぱり特徴があり
暖かい国のトンボ玉はカラフルでぎらぎらしている感じ。
やっぱり、日本のものはちょん、とつつましくてかわいい。

その他江戸ガラスやびいどろ、氷皿などガラス製品が並びます。
乳白色のとっくりがきれいだったな。

皇室の引き出物、ボンボニエールの展示も見応えがありました。
お祝いのときの、ヨーロッパではボンボンを入れる小さなお菓子入れ。
日本ではちいさな金平糖を入れます。

形も扇子の形とか鶴と亀とか牛車とか工夫がこらされています。
私はきくの形のシンプルなのが好きでした。

とんぼ玉美術博物館
http://www.tombodama.net/
関連記事



( 2008.08.09 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。