スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
上村淳之展
日本橋三越で開催されている
「パリ・三越エトワール帰国記念 上村淳之展」にゆく。


作品は主に花鳥画。
月光のなかを静かに舞う鴫、笹のしたで雪をしのぐアオバト。
自然と寄り添って生きる鳥の静かなれども強い生命力を感じる。

上村淳之


羽根の鮮烈な色合いや仕草に、鳥ってこんな生き物だったか、とあらためてはっとさせられた。

画伯は自宅で1600羽以上の鳥を飼っているとのことで
日々接することでこの繊細な描写が生まれたのであろうなあと納得。
関連記事



( 2008.03.08 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。