たなばた、一歳9ヶ月になりました。
きょうで1歳9ヶ月を迎えた娘。
週一で同じ歳うまれの子どもが集う児童館の集まりに行っているのですが、きのうは七夕前日ということで短冊をいちまいもらってマジックで願い事を書きました(私が)。
短冊のうらには娘が書いた「ぶどう」の絵が書いてあります。
むすめ、たなばたの歌にあわせ、おほしさまきらきら…のところでは手を動かして星のキラキラを表現していた。
笹の絵に、ぺたんとちいさなたなばた飾りをかざらせてくれるという催しも。絵には両面テープがはられくっつくようになっている。よく考えられているなあ。
飾りは学童のこどもたちが作ってくれたのだそう。
帰りがけには笹をひと枝持たせてもらえたのでもう10なんねんぶりかに折り紙で短冊飾りを作り飾ってみました。簡単なものだけですが少しにぎやかになったかなあ。

しかし自分が児童館のクラブみたいなものに参加するとは思わなかったな…。
コミュ症にとっては結構ハードルの高い行為なのですが娘とずっとふたりでいるのも行き詰まりを感じるのでがんばっています。
おかあさんから連絡がありお隣さんからいただいたというウニを届けてくださった。みょうばんに浸かっていないそのままのウニ。
これまでウニはおすしにのったものしか食べたことがなかったのだけどあたたかいご飯にのせて食べたらものすごくおいしくてびっくり。これまでの人生を取り戻すようにたべたい。
関連記事



( 2016.07.07 ) ( こどものこと ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL