スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
4ヶ月
立春をすぎたので雛飾りを出しました。



こちらは浅草橋のお人形屋さんへ出向いて選んだもの。

はじめはお内裏様とお雛様が並んでいればいいか、と思っていたけれど、いろいろ見ているうちにだんだんにぎやかな方がいいよね!となり、最終的には10人もいるものを選んでしまった。

幸一光さんという作家さんの木目込み人形。
ちいさいけれど細やかに細工がされていて、存在感があります。

お道具などもしっかりしていて、ひとつひとつ飾るのが楽しかった。実家で雛飾りを飾ったことを思い出しました。大きくなった娘といっしょに飾るのが楽しみ。

これは実家のお雛様。姉のですが…。
fc2blog_20141106160000770.jpg

ほんとは違う作家さんのものを探しに行ったのですが、お顔にひとめぼれしたのと、店主のかたに丁寧に説明を受け最終的にこちらに決めました。

その方の娘さんも同じ作家さんのお雛様を飾っているのだそう。段にこだわらなくても平置きで、毎年ちがう配置でかざってもたのしいですよ…と教えられ、選択肢が広がりました。
見せてもらったご自宅の写真、おひなさまの横にふわふわの猫が鎮座していてかわいかった。しっぽでぐちゃぐちゃにされそう!特注のアクリルケースをかぶせているそう。

お雛様は実家の両親が贈ってくれ、義実家からもおなじ作家さんの小さな市松人形とつるし雛をいただき、にぎやかなことになりました。



今日で4ヶ月を迎えた娘はどうやら首すわりが完成したかな?

はじめのころはちいさくて寝ている間につぶしてしまわないかしら、ちょっとしたことですぐに大変なことになるんじゃないかしらと心配でピリピリしていたけれど、今やだいぶ頼もしくなり、子育ても安定してきました。
関連記事



( 2015.02.07 ) ( こどものこと ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。