スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
遺伝子のなせるわざ
とくに子供好きではなかった私。人間の赤ちゃんより猫とか犬のほうがずっと可愛いじゃん!と思っていた。
それが歳を重ねるにつれてなんか人間の子も可愛く思えてきて、特に友達の赤ちゃんは素直にかわいい!と思えるようになった。

そしてここへきて、自分の子ともなればもう完全にかわいい。犬や猫はもちろんかわいいけど全く別次元のかわいさ。

造形的なものだけではなくてこの頼るものが自分しかないというたよりなさ、全身ですがってくるいじらしさが愛おしさを加速させている気がする。

しかしどんな風貌に育つのか?というのもやっぱり気になるところ。女の子なので可愛らしく育ってくれるに越したことはないのだけど、はんぶんはわたしの遺伝子なので、責任感がね…

出産直後は助産師さんたちにも「パパ似だね」と口々に言われていたけどSNSなどでは「ママ似だね」と言われるわが娘。もしかして、あまり似てほしくなかったひくめのお鼻が似てしまってるのでは…。

フェイスブックなどでお友達がのせているこどもの写真を、成長とともにこんなふうにお顔が変化していくのね…と、じっくりさかのぼってみてしまう。

自分の赤ちゃんの頃の写真がほとんどないのであまりくらべられないのだけど、探してみたらこんなの初めて見るな、という写真がちらほらでてきた。うーん、似てるような気もするし…もう少したってみないと、よくわからない。だいたい、姉といっしょにうつっています。すごい昭和感!

変な帽子。


ごろん


おひなさま。女の子だからこれ使えるね。でもマンションの部屋にははいらないから遠隔地で飾ってもらうしか…







でもほんとは元気に育ってくれればそれだけでいいんだけど。欲張りだね。
関連記事



( 2014.11.01 ) ( こどものこと ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。