Hallo,World
10月7日に女の子を出産しました。



出産のようすについてくわしく覚えていて書き留めたりしたかったのだけれど産まれた後の日々の慌ただしさの中で忘れていく。

とりあえずでてきたときは涙が出てしまった。

最後がなかなか出てこず鉗子であたまをはさんで引っ張りだされた我が子。こいつがずっとお腹の中にいて中から蹴飛ばしたりしていたのだ、と思うと信じられない気持ち!

お腹のなかでにんげんをつくるということ。壮大過ぎるその作業を、わたしの体がやってくれてたわけで。生まれてからしばらくの栄養も、つくりだしてくれているわけで。すごいな、この機能。毎月おなかがいたくなるあのシステムは無駄じゃなくこのときのためにあったんだな。

うまれてきてくれてありがとう。きみにあえて、ほんとうにうれしいよ。
関連記事



( 2014.10.07 ) ( こどものこと ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL