スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
現代美術のハードコアは実は世界の宝である展



ヨーガのポーズを取るケイト・モス像。

近代美術館で開催されている「現代美術のハードコアは実は世界の宝である展」にいってきました。
ここのところ身体も重く仕事も滞りひきこもりがちで美術館を訪れるのもかなり久しぶり。
ラインナップを見て前々から来たかったのです。

ゲルハルト・リヒター、ピーター・ドイグ、マーク・ロスコなど、少しずつですが見てみたかった作家の作品が一度に見られてぜいたくでした。フランシス・ベーコンの作品は前にベーコン展でみた作品と同じだったかな?
ザオ・ウーキーの作品もよかったです。サンユウの六頭の馬、も。ヤゲオ財団てすごい…
純粋に好き嫌いで見るだけではなくコレクター視点のゲームができる嗜好も。


来場者向けにスピードくじをやっていて次回の菱田春草展の割引券をいただいた。みにきたいけどそのころは帰省していて無理かなー。

常設展なども見たかったけれど疲れちゃうので特別展のみで。
新宿の世界堂にも久しぶりによって、コンペ用の紙買ってきた。

http://sekainotakara.com/
関連記事



( 2014.08.12 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。