アンディ・ウォーホル展
アンディ・ウォーホル展



ウォーホルといえばマリリンモンローのポップなシルクスクリーンアートのイメージでしたが、今回靴のデザインや猫などペンでのドローイングをたくさん見ることができてうれしかった。

独特の震える線は、ペンで描いたイメージに別の紙を押し当ててインクを転写させる「ブロッテド・ライン(しみつきの線)」という技法をつかっているそう。線にすごくこだわってる人なのだな。


バナナのキーリング欲しかったけど買わずに帰ってきた。


アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 | 森美術館

iPhoneからの投稿
関連記事



( 2014.02.12 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL