スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
台湾旅行3日目〜龍山寺など〜
旅のはじまりは朝ごはんから。洋風と中国料理が選べるのですが今日は洋風。どちらを選んでも豊富なフルーツを楽しめて嬉しい。



朝食後はスーパーへ買出し。



日用品も新鮮で面白い。
お墓参りセットというべきもので紙銭などがセットになっています。燃やすことであの世にお金を届けるのだそう。全体的に色鮮やか。お葬式も爆竹を鳴らしてにぎやかに行うとか。


通りすがりのギャラリーで見かけた作品


お昼はシーフードが食べたくて梅子餐廰というお店へ。



この、蟹のおこわが食べたかったの。絶妙に、美味しかった…。


急なスコールにしばし雨宿り。


名物のパイナップルケーキを買い、その後三越へ…お土産をここでまとめて買いました。日本にはもうなくなってしまったハーゲンダッツの店舗があるのでちょっと寄りたかった。

中山の地下街。台北の駅からずっとつながっています。雨の日も移動が便利。



謎のオブジェ。


買い物後荷物をおきに部屋に戻る。
はじめて食べた、蓮霧というくだもの。シャリっとして甘酸っぱく爽やか。台湾の桃は平べったい。





さて、午後は…ここまでお義兄さんたちに頼りきりだったので一度くらいは自分たちだけで出かけてみよう…と思い、MRTにのり龍山寺へ。
浅草寺みたいな感じだよ、と聞いていたのですがたしかに雰囲気が似ているかも。にぎやかで人にあふれ、出店が出ていたり。



電光掲示板にウェブサイトのアドレスが表示されてるのは独特。中も電飾で飾られていたりします。












龍山寺の地下街は台北最大の占い横丁。占ってはもらわなかったけれど見ているだけで面白い。






龍山寺ちかくの華西街夜市へ。
もういちどフルーツジュースを飲みたかったのでこちらの龍都冰果専業家というお店で購入してみました。歴史あるかき氷屋さんだそうで、かき氷も食べてみたかったな。


この夜市、士林とまたちょっと雰囲気が違う。
すっぽんとか蛇のスープや血を売っていたり、ちょっとあやしいというか、道玄坂とか歌舞伎町のような雰囲気が…。後から知ったのだけどこのあたりはかつて売春宿が多かったらしく、今でもこっそり客引きがあるそう。でもこの雑多な雰囲気が、怖いけれど面白い。


鰐…ワニ?

けっこう本格的なお寿司のお店。








檳榔(ビンロウ)は噛んでると覚醒作用がある実だそう。味はまずいらしい。こんなのが普通に売られてるのもすごい。日本には持ち込み禁止だそうです。



さんざ歩いて一転、微風廣場(Breeze Center)のフードコートへ。広い!そしてきれい。レビューを見ていたら衛生上の心配があって屋台で生ジュースなど買いにくい人はここで…と書かれてました。



牛肉麺の専門ブースやピザやラーメンなど各国の料理のお店がある中、最終的には屋台料理を味わえるブースへ。いちどは魯肉飯を食べたかったのでここで食せてよかった。スープつきで120元、安い…!日本で食べたらけっこうするんだよね。



そしてこれも食べたかった豆花。お持ち帰りできるようだったので、ピーナツのシロップがかかったスタンダードなものを頼んでみました。とてもボリューミー…


あっと言う間の3日間。明日はいよいよ帰国です。







関連記事



( 2013.08.15 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。