スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ねこ歩き


銀座三越で開催されている岩合さんの写真展「ねこ歩き」みてきました。

平日だったけれどねこ好きの老若男女でごった返していた。

世界の猫たち、可愛くてか弱くてたくましくて、みていると胸がくるしくなる。

野良だったり飼猫でも放し飼いで毛がボサボサだったりするのがいい。

猫はどこにいっても猫。

たしかに、犬ってかなり大きさに幅があるけれど猫はある程度大きさが決まっているよね。

心に残ったのは六本指のビッグフットという子。
ちょうど「色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年」をよんだところだったので。六本の指は作中、象徴的なキーワードとして登場します。

ねこたちの自由なすがたをみてるとスケッチしたい!とうずうずしてくる。

可愛がられている子もいればきびしい環境をぎりぎり生き抜いてる子もいて

きれいごとかもしれないけど、願わくばこの子達がこのさきあまりひどい目に合わなければいいな。

iPhoneからの投稿
関連記事



( 2013.05.31 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。