スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
大江戸りびんぐでっど
クドカン作・演出の歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」を映画館で観てきました。シネマ歌舞伎というやつ。

はちゃめちゃだけれど、おんもしろかった。
ぞんびたちが江戸の街でスリラーよろしく踊りまくるところは痛快だし、最後にはほろりとくる。

一見とっぴな役でも、勘三郎や三津五郎など一流の役者が演じているからどれも光っていて、あの人がこんなお茶目なことを…!などのギャップがよりおもしろい。

勘三郎さんの追悼上映でした。





予告でみた「舟を編む」もおもしろそうだったなぁ。松田龍平が、まじめくんという名前のまじめな青年を演じていて、まほろ駅前…とはまたちがった雰囲気でかわいらしいし、相手役は宮崎あおいちゃんだし、ピース又吉まで登場しているし。

そして、No more映画泥棒のあたらしいバージョンが流れていて釘付けになった。あたまがビデオカメラの人とサイレンの人が大量に登場して須藤元気のパフォーマンス集団ばりに踊るという、確信犯だろうというくらいはじけたもの。
関連記事



( 2013.01.18 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] movie
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。