ルドンの夢のなかをのぞく
三菱一号館美術館で開催されているルドン展、みてきました。

Untitled

開催前から「チラシとサイトがヒドイ」と話題になっていましたが…

ルドン展


デザインが「楽天」的というか妙ににぎにぎしくて、絵の上に文字がかぶってたりとタブー満載。
コピーも「やってきた!!!」「あの! 幻の!」「“グランブーケ”」「やったね!」「日本初公開!!!」「ずっと眠っていた幻の名画!! 見つかっちゃいました!!!」などと、グイグイ攻めてくる。

ですが館内におかれていた解説文によると、このひどさはあえて、狙ってやっていたようです…!
コピーは大宮エリーさん。普段ルドンに興味を持たない層に訴えかけるべく、あえていろいろタブーを冒したとのこと。

いまはティザーサイトを見ることはできませんが、本サイトも「普通のサイト」「ちょっと楽しいサイト」と選べるようになっており、「ちょっと楽しい…」のほうは、配色とか動きとか、90年代っぽい要素満載です。


ルドンといえばやはりモノクロで異形の生物がうごめいている暗めの絵が、思い浮かびます。
ゴヤと似ていると評されていたけど、たしかにゴヤの妄想爆発、という感じの版画集とも共通するところがあるような…
芸術家として、作品に心の中を吐き出せて良かったんだろうな。吐き出さないと大変やで、これは。


ルドンの「蜘蛛」

kumo

見てるだけで何やらぞわぞわっと不安になってくる…ふと部屋のすみにこんなのがいたら、どうしよう。

以前ルドンの特集していた日曜美術館の録画を見ていたらこんなかんじの絵たちがばんばん映し出される中で急に地震が来てものすごくこわかった。

水木しげる氏もルドンの黒に影響されたとどこかで語っていましたが、確かに闇の中にうごめくいきものたちのあの雰囲気は共通してる。

しかし、ある時を境に突然ぱっと色鮮やかになり、そのギャップに驚かされました。
しかもその鮮やかさがはんぱじゃなくて、これでもか!と明るい色たちを使ってくるの。
油彩や水彩もあったけれどパステル画のあざやかさに、びっくり。

そして目玉の「グラン・ブーケ」は本当に大きかった…!
これだけのものがパステルで描かれていたのにも驚きました。
ずっと、公の目に触れなかったというのも。

ルドンは、晩年になって花に魅せられたとのこと。
先日、水木プロダクションのアカウント(@mizukipro)で、水木先生も同じような発言をされていました。


90歳になって、花の美が分かってきたね。最近のことです、花を眺めるのは。最近の事件です。今驚いて、その美に浸っているわけです。(水木しげる)
https://twitter.com/#!/mizukipro/status/169345850403864576/photo/1

90になってからも、新たな発見があるというのになにやら感動。


他にも同じ時代に生きたゴーギャンやドニ、ムンクの絵が見られたりと、すごく充実していました。会期は3月4日までのようなのでお早めに!


ルドンとその周辺~夢見る世紀末


関連記事

( 2012.02.25 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
【読メモ】桐島、部活やめるってよ
話題になっていたこの小説、図書館で見かけたので手にとってみました。

桐島、部活やめるってよ



サクマドロップスのように色とりどりの、高校生たちの一瞬が描かれています。

世代によって、共感だったり懐かしさだったり、感じ方は異なると思いますが
振り返れば一瞬、一瞬がきらめいていて、その先に数えきれないほどの可能性があふれている
この世代ならでは、の輝き がある作品だと思います。

そのまっただ中にいるときは気づかないんだよね。

以下、私の好きな一節。
映画部のふたりがグラウンドでカメラをまわすシーン。

 音楽室のある棟を背にしてグラウンドを撮る。背後から、ブラスバンド部の演奏が聞こえてくる。
 ~略~僕はこの状況をとても好きだと思った。いま僕が見ること、聴くことの出来る全てが、それぞれの目標に向かって生きているように思えた。

 「なんかやっぱりいいな、高校って」


あと各章ごとに登場人物と視点が変わるのですが、
「実果」ちゃんだけがとびぬけて重いものを背負っていて、つらくなりました。

悩みに重さはないけれど…みんな、いいときがくるといいね。



関連記事

( 2012.02.22 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Book
かんたんトリュフ


チョコレートがなくってもできる、ヘルシーなトリュフをつくりました!

使うメイン材料は「ココア」。
ココアはチョコレートからカカオバターをのぞいたものなので、ぐっとカロリーをおさえられます。

作る前は、ほんとうにあのトリュフができるのかしら…と半信半疑でしたが、実際につくってみたらくちどけなめらかな、まさにトリュフが出来あがりました。
チョコレートを使っていないって、言われなければ気づかないだろうなあ。

カロリーは、通常のトリュフが2個 210Kcal ⇒ 148Kcal ほどとのこと。


レシピは例によってこちらの本から。

ふとらないお菓子―バター、オイルなしでもこんなにおいしい



関連記事

( 2012.02.21 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Sweets
チーズケーキ焼いてみた
GOPANを使うようになってから、デジタルスケールやら温度計が揃い、以前はどうも面倒だなーと思っていた「量る」ことに抵抗がなくなった、今日この頃。

ということでお菓子を作りたい欲がわいて来ました。



前から食べたいな―と思ってたチーズケーキつくりました。
クリームチーズに、カッテージチーズとヨーグルトを加えてカロリーを抑えたヘルシーレシピです。
黒糖を使ったからちょっとくせがあるかなあ。

ケーキ型などないので四角いシリコンスチーマーで焼いてみた。
おうちで食べるぶんには、全く問題ないお味!

レシピはこちらの本を参考にしています。

カロリー1/2のおいしいお菓子―ヘルシーな工夫がいっぱいの簡単ケーキ (婦人生活ファミリークッキングシリーズ)


おいしさはそのままで、ヘルシーなお菓子にする工夫がたくさん。

この本もおすすめ。
ふとらないお菓子―バター、オイルなしでもこんなにおいしい



どれもカロリーを大幅にダウンしつつおいしそうなレシピばかり。
ちょこちょこ作っていきたいと思います。

関連記事

( 2012.02.20 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Sweets
焼きドーナツ
GOPANで、はじめて食パン以外の成形パンをつくってみました。
焼きドーナツ風のパン。



ドーナツというよりパンらしさが買ってしまいましたが、これはこれでおいしい。食べ過ぎ注意。

関連記事

( 2012.02.19 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] パン GOPAN
バレンタイン、あれこれ
世間はバレンタイン一色。
つとめていたころは職場のみなさんに差し上げたりもしたけれど、
今年は特に準備せず。だんなさまは甘いもの苦手なのでチョコ喜ばないし…

ですがチョコ好きとしては単純に、色々な種類のチョコレートが店頭に並ぶのを見るのが楽しいので、ついつい自分用を購入してしまいました。

女子がひしめきあう新宿伊勢丹にて。

yum yum art」という女性アーティストとコラボレーションしたシリーズのチョコレート。
オーストラリアのアーティスト、ベッキーさんのボックスを選びました。






目にも楽しくかわいらしいチョコレートたち。
もちろんおいしい。

チョコを通じて世界感を表現できるなんて素敵だなー


自分では、チョコは作りませんでしたが、少し気合を入れてごはんをつくりました。

こちらのレシピで、ローストビーフつくってみました。



簡単にできるのにものすごくおいしいー!今回は和牛を使ってますがオージービーフでも十分、おいしそう。ブロックのもも肉、和牛しか売ってなかったので…。

さらにGOPANを使って、ピザを作ってみました。



今回はお米生地で焼いてみましたが、ナポリピッツァのようなもちもち感!お米のざくざくした食感もアクセントとなり、とても気に入りました。

全粒粉を使った生地だともっとピザっぽくなるのかな?
焼き時間短縮のために先にフライパンでおおむね焼きあげてから、具材を載せてトースターで焼いてます。

思った以上においしくできたので、またいろいろチャレンジしてみよう。

しかし日本のバレンタイン、マーケティング戦略の産物とはいえ告白のきっかけができるのは楽しいですよね。
女子も準備にあれこれ大変だけど男子も、どぎまぎしたりお返し考えたりと大変そう…。

Happy Valentine!



関連記事

( 2012.02.14 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
代官山蔦屋書店
あいにくの雨模様
渋谷で所用を済ませた帰り、気になっていた代官山蔦屋書店に立ち寄りました。

代官山の街に溶け込む、おしゃれな外観、そして店内…!
1階は全て書籍のフロアで、スターバックスでコーヒーを買って店内の席で読む、ということもできます。
これはずーっと居られるなー。素敵文房具のコーナーもそそられる。
2階のラウンジではお酒や食事もできるみたい。

借りたDVDは、ココで借りても返しに来るの大変なのでは…と思ったら、無料で郵送返却できるのだそう。

場所柄かアート、デザイン系の本が充実していて、見てまわるだけでわくわくします。
いまは、本が簡単にネットで手に入るけれど
思いがけないものに出会える楽しみはやはり、実際に本と接することのできる書店ならでは。

ながめているだけで楽しい、写真集のコーナー。

うめかよさんの写真はいつみても笑顔になる。
シャッターをきる視点、動機がまったくちがうので、毎回はっとさせられます。

umep.jpg

梅佳代「ウメップ

また、Kesselskramerというフォトグラファーの写真集「In Almost Every Picture 9: Dog」が気になりました。ある家庭の犬を写しているんですが、その犬が真っ黒で表情が、わからない。でも妙に、惹かれます。

ほかにも気になったもの、いろいろあったんだけど詳細を忘れてしまった。いろんなハイヒールを写したものとか…。めもらないとだめだな。

ぜーんぶ欲しかったけれど、今日は杉浦さやかさんの「おしゃれの教科書―女の子のための映画スタイルブック」を購入。
かわいいイラストサインがはいっていました。



映画のなかのファッションが杉浦さんのかわいいイラストで紹介されていて、思わずまねしたくなります。

これからちょくちょく、きてしまいそう!

関連記事

( 2012.02.13 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Book
避難訓練


天気がいいので近所をさんぽしました。

ついでなので、非常事態を想定して、一時避難場所の学校までてくてく。
もし、地震が起きていたらブロック塀が崩れたり電線が切れていたりして危ないので、注意する想定で…
広域避難場所の駒沢公園にも足を伸ばしました。

これまでなんとなくしか備えをしていませんでしたが
そろそろ本気で、防災準備をするようになりました。

リュックも購入して、避難時に必要そうなものを揃えるなど。


重すぎても持って逃げられないので、厳選しなくては。

準備のさい、こちらのまとめなど参考にさせて頂きました。
実際に被災された方、しかも女性視点からの意見はとても、現実味がありました。
http://togetter.com/li/246558

防災準備をする行為は、具体的なシミュレーションをかさねることでもありますね。
結局必要なければそれにこしたことはありませんが、想定しておくことはたいせつ。

関連記事

( 2012.02.11 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
節分なので


福豆をとしの数だけいただきました。
ひとます100円で売っていたの。
年々食べるの大変になる~。

節分というとあまんきみこさんの「おにたのぼうし」という絵本を思い出します。
いわさきちひろさんの絵もとても素敵で心に残るのです。
たしか教科書に載っていた気がしたのだけど。

節分のよる、おにの男の子“おにた”は、
おなかをへらしたまずしい家の女の子と出会い、せつぶんのごちそうを運んであげるのですが
おにたが鬼とは知らず、豆があればまいておにを追い払いたい、という女の子に、
「おにだって、いろいろいるのに」と、かなしむおにた。

ラストは見方次第で、いろんな解釈があると思います。

「鬼は外!」と、まめをまくのをちょっと、ためらってしまうような、切ないお話。

関連記事

( 2012.02.03 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )