スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
女子会は続く
またもmamさんのおうちにおじゃましてきました。

会うのはとても久しぶりな、前職の先輩と駅で待ち合わせして
一緒に行ったのですが、以前と変わらずぴちぴちと若々しくてすぐにわかりました!



手作りのケーク・サレなんておしゃれなランチをごちそうになりつつ、
娘ちゃんと遊んだり、近況を報告し合ったり…。
女子ならではの楽しい時間を過ごすことができました。

離れてもこうして、会えるのっていいなーとしみじみ。

また、遊んでくださいー。
スポンサーサイト


関連記事

( 2011.09.27 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた
ドラゑ好きの皆様と、噂のスポット、藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってまいりました!
人数分のチケットをとってくださったノビーさんに感謝です。

登戸駅から直通バスが出ています。
バスからしてとってもかわいい!
否応なく期待がふくらみます。







そして、ワクワクしながら到着したそこは
想像以上に夢あふれるスポットでした。

▼READ MORE?
関連記事

( 2011.09.19 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] comic cafe
ワニとバナナとパイナップル~宇佐美2日目
朝の海を散歩。
旅先ではいつも早く目がさめます。




シャボテン公園と迷ったけれど…
バナナワニ園にきてみました。



キャベツを食べる人魚のモデル、ジュゴン。


綺麗な蓮や珍しい熱帯の植物がいっぱい。




なのだけどとにかく中が暑い…!
熱帯植物園だから当然なのだけど、自然と、観覧も巻き気味に…。

出た!わに。まだ、ちっこいので可愛い。



いろんな種類のワニが見られます。





このワニは乗れそうにでかかった…。

ぞうがめ。
ちょうど触れ合いキャンペーンをやっていて、檻の中に入って触れたのですが
あまりの暑さにチャレンジせず。
ここは、冬とか寒い時期にきたほうが良いかもね…。





中に人はいってるんじゃないかっていう感じの
レッサーパンダちゃん。


バナナ

脱水症状になりそうだったので、カフェテリアで
パイナップルボート。ジューシーな果物たっぷりで生き返りました。



帰りは眺めの良いビュー踊り子で帰還。

兄弟なので、気兼ねのないたのしい旅でした。


関連記事

( 2011.09.18 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
みかんの花咲く丘へ~宇佐美一日目~
姉と静岡宇佐美に、一泊2日の小旅行へでてきました。

宇佐美は、島根や京都と並ぶ、北緯35度の街なのだそうです。


あと江戸城をつくるときに大量の石がこの街から、切り出されたとか…


まずは、目的のひとつ、童謡「みかんの花咲く丘」の歌碑へ。
少し遠いのでタクシーで…


そこかしこにみかん畑が見えました。
もう少ししたら、みかんがりのシーズンだったよう。

あいにく雨がぱらついていましたが、一瞬車をとめてもらって写真をとりました。




今回の宿へ。
ちゃんがお出迎え。




雨もやんだのでお散歩。

近くには海水浴場。
シーズンが終わっているので海に入っているのはサーファーのみでした。









海に足をつけてみたり…

小さな十字架がみえたので、近くまで行ってみた。宇佐美教会
なかも、見てみたかったな。




おたのしみ、宿のごはん。海鮮たっぷりで豪華。
せっかくなので、地ビールいただきました!





この、金目鯛の煮付けが名物なのだそう。
柔らかくて味がしみていて美味でした。満足!



御飯のあとは夜の海辺を散歩。海にうつった月の光が綺麗。
引きこまれそうでちょっと怖かった。



浜辺の階段に座って月を見ていると、
夜の海で泣いている女性に出会うという、よしもとばななの小説の冒頭を思い出しました。

そして、温泉。

お風呂はふたつあるのですが、お客さんが少なかったので
ひとつしか営業してなかった。

誰も使っていない時をねらって、貸切札をさげてはいります。
小さめだけど、人を気にせずゆっくりはいれてうれしい!

就寝は、民宿なので自分たちで布団を敷くおまかせスタイル。
なんだかこういう感じもひさしぶり。

ひとつひとつ堪能し、ぐっすり眠りにつきました。
明日は伊豆方面に行く予定。

関連記事

( 2011.09.17 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
空に溶ける
二子玉川からみた夕焼け。





足を止め息を呑む美しさ。

刻一刻と変わっていくにしばし釘づけになりました。





関連記事

( 2011.09.15 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] 散策
愛媛、松山の旅~二日目
2日目の朝。
今日でもう、帰京なんてあっという間すぎるけれど、ひとつひとつ思い出になるよう楽しみたいところ。

今日も天気よさそう!
山の上に小さく見えるのは松山城。



まずは祖母と一緒に、朝いちばんにお風呂へ。

もどってきたら朝食。朝からしっかり、豪華なご飯をいただきました。
ポンジュースが出たよ。




ゆっくりと休んだあとチェックアウトして、いよいよ道後温泉本館へ。
こちらの建物、国の重要文化財に指定されているとか。





てっぺんには一日三回時を告げる太鼓が鳴らされる、「振鷺閣」。
白鷺が温泉を見つけたという伝説から、鷺がモチーフになっているそうです。






皇室専用浴室「又新殿」玄関。三重になった瓦が見事。


残念ながらお風呂には入らなかったけれど中に入って少し、見学させてもらいました。





階段がかなり急なのでお年寄りにツラそう。

「坊ちゃんの間」には夏目漱石にちなんだ写真や絵などが飾られていました。





散歩の途中でにゃんこに遭遇。




本館裏手の坂を登るとある「湯神社」にもお参りしてきました。
道後温泉の守り神とか。温泉が止まったときなどはここにお祈りするそうです。



「坊ちゃんひろば」では「坊ちゃん」のキャラクターと一緒に写真が撮れます。




さて、おみやげを見たり商店街をぶらつきつつ、一路松山港へ。
今回は体調を第一に考えた、無理しない、のんびりゆったりの旅だったので
ほとんどつかれずに旅を楽しく終わることができました。

港の食堂でお昼に食べた、「ひゅうが飯」
鯛のおさしみを醤油ダレにつけて、薬味とときたまごをのせていただきます。
ときたまごがまろやか。






帰りの飛行機からはちいさく富士山が見えました。




祖母が少し足が痛い、とのことだったので港では極力車椅子を借りて移動。
席を、広めの席にかえてくれたり、車いすごとリフトで降ろして別にワゴンで送り届けてくれたりと、配慮していただけたので助かりました。JALすてきー。

帰りは港から三々五々。私ははじめて高速バスにのってみたものの、渋滞に巻き込まれて結構時間がかかってしまい…
荷物が重かったので、乗り換えのないのはラクだったのですが。

今日は中秋の名月。大きなまるい月がぐんぐん、登っていくのが見えました。





夕焼けもきれいだった。ぽちっと、富士山らしきシルエット。

たのしい旅行でした。


関連記事

( 2011.09.12 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
愛媛、松山の旅~一日目
祖母、母、姉と愛媛は松山、道後温泉まで旅してきました。

はじめての四国上陸。この日はかなり日差しも強く、いい天気でした。
松山空港につきそこからリムジンバスで道後温泉駅まで。

道後温泉駅はレトロで可愛い建物でした。止まっている「坊ちゃん列車」は、復元されたものだそう。
今回は乗る機会がなかったけど、次来たとき乗ってみたいなあ。






駅前の、坊ちゃんからくり時計。



一定時間ごとにからくりが動き、時計がせりあがって中から坊ちゃんのキャラクターが顔を出すしかけ。




道後はほんとうに、坊ちゃん一色でした。来る前に読んだけれど、「坊ちゃん」は奔放でいつの世にいてもまわりが苦労するだろうなあという人物像で、今読んでもおかしい。坊ちゃんの横にいるのは清だろうか。清と坊ちゃんとの愛が、泣かせるのよね。



時計の横にある足湯「放生園」では気軽に足湯を楽しめるそう。



宿までは、商店街を抜けてゆきます。





途中で、いよかんソフトクリームをいただきました。かわいた喉に嬉しいつめたさ。


「椿の湯」は道後温泉本館の姉妹湯だそう。湯が流れ落ちる窓や、「椿の湯」の文字は壁にペンキで描かれたもの。
トリックアート的な。







椿というのは聖徳太子が読んだ句に由来するそうです。
聖徳太子も訪れたなんて、逸話のスケールがでっかい。なにせ日本書紀に載っているそうだから…

▼READ MORE?
関連記事

( 2011.09.11 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
リゾナーレ滞在2日目~甲府にも寄り道
目覚めたらなんと、すがすがしい朝!

昨日はちょっと曇ってたのですが今日はとてもよい天気。
しかも高原なので気温はとても低くて肌寒いくらい。





さっそく朝ごはんにでかけました。
昨日あんなに食べたけれど、野菜たっぷりのブッフェで重すぎず、たくさんいただいてしまった。




朝ごはんのあとはプール施設「イルマーレ」で早朝ストレッチを行っているというので
行ってみることに。
すでに始まってましたが途中からこそっと参加させてもらいました。

水着でも洋服でも参加できるプールサイドでのストレッチ。
凝っていた体がほぐれていくみたい。

プール、かなり良い感じだったので水着をレンタルしてあとでもういちど、来ることに。


いろんな種類のぶどうを販売するワゴン。買わないのにいろいろ試食させていただいた。



ショップをぶらぶら見ながら部屋に帰って、昨日のスイーツでコーヒーをいただきました。
部屋には施設内にもある丸山珈琲のコーヒーが置かれていてうれしい。
天気がいいのでテラスで!




チェックアウトが12時なので、のんびりできるのもうれしいところ。

しかもチェックアウトしたあともプールやお風呂を自由にたのしめるとのことで、ひとまずチェックアウトしてプールへ。水着は500円でレンタルできます。

ホテルのプールって本当に久しぶり!
定期的に波がおこるプールやジャグジー、サウナなど充実しててかなり、満喫しました。
しかし、遊んでるだけでも結構体力を消耗するなあ…

プールのあとは昼間の「もくもく湯」へ。
昼間の混浴って恥ずかしいのでは…と思ったけれどいたのはカップル一組だけ、
彼らもあがってしまって貸切状態に。

鳥の声を聞きながら青空の下のお風呂を満喫しました。




プールとお風呂でさすがに小腹が減ったので軽食をとることに。
ソーセージ盛り合わせと、なまビール。





チェックアウト後もこんなに満喫できるなんて!
大満足の滞在でした。今度は連泊したいなあ。


さて、小淵沢の駅前のおみやげ屋さんの前には、あずさなどの特急乗車券が正規よりも割引された価格で買える自動販売機があります。どうやら回数券をバラ売りしているよう。
利益出てるのだろうか?

↓写真のおみやげ屋さんの、真ん中下あたりに写っている自販機がそれ。




残念ながら、小淵沢ー新宿間の切符が売り切れていたため、甲府ー新宿間の切符を購入し、まずは在来線で甲府まで行ってそこからあずさに乗って新宿へ戻ることにしました。

平山郁夫シルクロード美術館や八ヶ岳のアウトレットに行こうかな~と思っていたのですが、今回は断念。一路甲府へ。

▼READ MORE?
関連記事

( 2011.09.06 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
リゾナーレでのんびり。
一度来てみたいなあと思っていた、小淵沢のリゾート施設「リゾナーレ」にお友達ととまってきました。

「あずさ」にのって新宿から、ぴったり2時間で小淵沢へ。
駅から出ている、送迎シャトルバスに乗って、到着!

ヨーロッパのような街並みがかわいい~
お部屋の下にはショップが並び、施設内でショッピングが楽しめます。





ハロウィンシーズンを控えてかかぼちゃがディスプレイされていました。





建物の上に車が!
MINIとコラボレーションしているようで、宿泊客は予約すれば無料でMINIドライブができるそう。





お部屋はいろんなタイプがありますが、今回とまったのはメゾネットタイプのお部屋。



階段を登るとベッドルームになっています。



景色のよいバルコニーも。

施設内のショップでワインとチーズを購入したので、
ディナー前に浮かれてついついお部屋で飲み過ぎてしまった!



ディナーは施設内のイタリアン「OTTO SETTE」でコースをいただきました。
地元の素材をつかった彩り鮮やかなお皿がつぎつぎ登場して、お腹がはちきれそうでしたが、完食。





ふいうちで、嬉しかったのが最後にお菓子のつまったボックスが登場したこと。
小さなチョコレートやフルーツ、マカロンなどがぎっしり。
ケースも可愛くて感嘆!

さすがにこれは食べきれずに包んでもらいましたが、この、ワクワク感は嬉しいー。





夜の街並みも素敵。

そしてディナーを堪能したあとはお風呂へ。
「もくもく湯」は円が組み合わされた、木のぬくもりがあるとってもかわいらしいデザイン。



昼間見るとこんなかんじです。ストライプが可愛い。



男湯、女湯があり、真ん中に露天風呂があるのですがこれが中でつながっている、混浴。
でも混浴着という茶色いタオルを巻いて入るのと、暗いのでそれほど抵抗なく入れました。
お湯につかりながら、星空がきれいに見えて最高!

戻って少しワインをいただき、ぐっすり眠ることができました。

関連記事

( 2011.09.05 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。