スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
「ちもと」のかき氷
都立大学「ちもと」でかき氷をたべてきました。

ちもとといえば「八雲もち」が人気のお菓子ですが、夏の間はかき氷がとても人気だというのを
耳にしていちどたべてみたいなあと思っていたのです。
なんでもかき氷の中に和菓子がかくれている宝石箱のようなかき氷なんですって!

ちょうど蒼井優さんのかき氷ばかり紹介した本が出ていて、
そこで紹介されてさらに人が集まっているみたい。
この本、私もちらりと見ましたがついついかき氷が食べたくなっちゃう。

しかし人気すぎて長蛇の列ができ、休日ともなればお店にはいるまでに
3時間以上並ばなければならないこともあるとのことで
かき氷ってそんな思いまでして、食べるもんかね…。と、なかなか機会がなかったのですが、
今日はこれまでの暑さもおさまり、昼から雨とのことだったので
そこまでは並ばないだろう…と、ふらっと朝から出かけてみることに。


お店の前に名前を書くボードがありその順番に呼ばれる様子。
見ると待ってるのは7組ほどだったので、名前を書いてその場を離れずに待つことにしました。

途中雨がかなり激しく降りだし雷まで鳴り始めましたがなんとか折りたたみ傘でしのぐ。
お店の方が、傘が無い方に傘を貸してくれてた。

順番が近くなると、注文を聞かれるので「おまかせ」をチョイス。
この、「おまかせ」が、中に和菓子が入ってるやつだそう。

トータルで1時間くらい待ったか…ついに、おまかせかき氷が運ばれてきました。



こんもり

一見してそのボリュームに食べきれるのか!?と、驚愕しましたが
口にいれてみると氷がふわっと一瞬でなくなり、かるーい食感。
かかっている抹茶とミルクもおいしい!

ちょっとバランスを崩すと倒れそうなので、集中してすこしずつ山をくずしていき…
ようやく終盤までたどり着くと、しらたま、あんこ、ぎゅうひ、甘く煮たくりに
栗の渋皮煮、かんてん、そして、八雲もち!

冷え切った舌に、あんこが優しい…

最後まで楽しませてくれる一杯でした。

そして添えられているお茶がとってもおいしい!
冷茶だったけれど、あったかいお茶でもよかったなあ。


かき氷で1000円って普通に考えたら高いけど…
このボリュームを考えたら満足。

夏の締めくくりに、食べられてよかった。
ごちそうさまでした!


そういえば、よしもとばななさんの本でかき氷が好きすぎて
南の島でかき氷屋さんをはじめる物語があったのを思い出しました。
たしか「海のふた」あれにでてくるかき氷、みんなおいしそう。
いっしょにエスプレッソをのんだりとか。


※もし、周辺で時間をつぶすならば少し歩いたところに図書館があるのでそこで涼みながら本を読んでまつのがおすすめ。
 私は帰りに立ち寄りましたがついつい本気借りしてしまい、15冊くらい借りてしまった!
スポンサーサイト


関連記事

( 2011.08.19 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Sweets
羽海野チカ原画展~ハチミツとライオン~
羽海野チカさんの原画展「~ハチミツとライオン~」に行ってきました。



今日が最終日。かなり混んでいるというのを聞いていたので
覚悟していたのですが、14時半くらいに行ったら15分ほどで入れました。

やはり女子多めでしたがカップルや男性一人できている方も結構いました。
中には将棋関係者と思われる方も…。

twitterで検索すると混み状況や感想などがリアルタイムでわかるので便利。

しかしなぜ皆順路がないのに、並ぶのだろう…。

最初の展示室は混んでいて身動きがとれなかったので
比較的空いている奥のエリアをみて、
戻ってきてじっくりとまだ見ていないエリアを鑑賞。

カラー原画は本当に繊細に描かれていて、心が暖かくなるものばかり。
カラーでよく使われているグリーンの線がきれいです。
水色やピンクなどの色の取り合わせも、なんでこんなにかわいくできるのか。
用途によって主線があったりなかったり描き分けられているよう。

「ハチクロ」と「3月のライオン」それぞれのターゲットに合わせても
背景やテイストが変えられてるなーと感じました。

一方白黒の漫画原稿からは作品にこめられた思いが伝わってきてくるしいほど。

原画だけでなく展示方法にも気合が入っていて、竹本くんが旅した自転車や
リアルねこ将棋、三日月堂のお菓子が再現されていたり…
写真撮りたかったなあ。

入り口のところにある各界のハチクロファンの漫画家さんや著名人の皆様からの色紙も豪華。
うすた京介さんやよしながふみさん、よしもとばななさんなどそうそうたる顔ぶれです。

通常コミックスには収録されていないその後のハチクロ的な
おはなしの原画もあったりして、ここは特に人が動かないゾーンでした。

特に注目は漫画作品ができるまでを追ったコーナー。
アイデアノートやネーム前のさらに下書きまで見ることができます。

ハチクロファンも、ライオンファンも楽しめる素晴らしい展示でした。

そのほかにもリブロコミックコーナーに少し原画が飾ってあるとのことだったので忘れずにチェック。
▼READ MORE?
関連記事

( 2011.08.18 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] cafe comic
金沢の思い出
4~5年前、取材で金沢を訪れた時の写真をまとめました。


ひがし茶屋街。国の重要伝統的建造物群保存地区に認定され景観保存されているそう。
格子窓が特徴的な、趣ある通り。








重要文化財にも指定されている「志摩」を見学させてもらいました。







当時使われていた三味線や太鼓などの道具が残されています。






志摩の「寒村庵」では坪庭を見ながらお抹茶とお菓子をいただけます。








加賀友禅館で友禅の絵付けを見せていただいたり、着物を着せていただき街をそぞろ歩いたり。



主計町の茶屋街もまたすてき








泉鏡花記念館。泉鏡花の生家跡に立ち、遺愛品の展示や作品の世界が再現されていて鏡花ワールドにひたれます。
しかし泉鏡花ってきれいな筆名だなあ。

鏡花は干支のうさぎを大事にしていたそうで、うさぎの置物などうさぎにちなんだものを集めていたそう。
私もここでうさぎ柄のブックカバーを購入して大切に使っています。



緑豊かでとてもうつくしい兼六園。いつか、雪の季節にも訪れてみたいな。








大乗寺では座禅体験を取材。








近江町市場。金沢野菜や新鮮な海の幸が並ぶパワフルな市場です。











この取材では、石川在住のライターさんに車で案内してもらい、とても良くしていただきました。
駆け足だったのでもう一度ゆっくり訪れたいなあ、時間ができたから行ってみようかな…
と思っていた矢先、そのライターさんがお亡くなりになったと聞き、呆然としています。

急すぎて実感がありません。

一緒にアイスクリームを食べたり、おしゃべりをしたり、お寿司をごちそうになったり…。
写真を見ていたら細かいところまで楽しい思い出がどんどん蘇ってきました。

仕事でも責任感がありとても丁寧な方でした。
そして細かいところまで心遣いをしてくださる優しい方でした。
この写真の兼六園も、せっかく石川にきたのだから…と、ご好意でつれていってくださったのです。

また一緒に、お仕事したり、楽しくお話したりしたかった。

ご冥福をお祈りします。

関連記事

( 2011.08.13 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
軽井沢散策
ぶらっと軽井沢へ行ってきました。

いつもは、車だけど今回は初めて鉄道で。
横川駅まで電車で行き、そこからバスに乗り換えます。

途中の横川駅には、鉄道ファンなら一度は行きたい「碓氷鉄道文化むら」が。
SL、デゴイチが走る様子は鉄分多めな人でなくとも写真におさめたくなる光景。

のんびりと山道を走るバスの車窓からは緑濃い山並みの様子や名所「めがね橋」などの
注目スポットも見ることができ、旅気分が味わえます。

さて、軽井沢駅につきまずは循環バスで旧軽井沢へ。

軽井沢銀座、訪れるのは4年ぶりくらいですが、新しいお店がたくさんできてました。
周辺を散策しながらまずはお昼。

路地を入ったところにあった、「丸寛食堂」というお店にはいってみました。



古民家を改装したような店構えの店内には本や雑誌、
チェンマイのアーティストの作品などが並んでいたりとなかなか面白い雰囲気。





お料理ですが…最初に「時間かかるけどいいですか?」と聞かれます。
出てくるまで結構待つ覚悟がないときびしいかも…。

魚とお肉が選べる、「おまかせ定食」私はお肉をたのんでみました。
今日は、しょうが焼きとのこと。

じっくり、30分くらい待って出てきたごはんは…「普通に美味しい」
人の家のごはんに呼ばれたようなほっとするお味でした。
時間が許すなら良いお店かと。



ごはんの後はお店をぶらぶら見ながら軽井沢駅方面へ。
途中立ち寄ったSunny hoursというこども用品のセレクトショップが良い雰囲気でした。
サイトを見てみたら10日間だけの限定出店だったそう。
リサイクル布のこいのぼりなどかわいいアイテムがいっぱい。
ギフトにいいかも。


それから道中にあるチョコレートショップに立ち寄りました。

ケースに並んだ多彩なチョコレートはお店の喫茶スペースでいただくこともできます。
迷いましたが、デザインが可愛らしい「フランボワーズ」をチョイス。
酸味と甘味のバランスが良く、コーヒーといただくと至福のひととき。



おみやげにシャンパン生チョコレートを購入。

そして、軽井沢といえばこれ、ミカドコーヒーのモカソフトクリーム。



旧軽銀座の店舗は異様に混んでいたので、アウトレット内の店舗でいただきました。
うーん、やっぱりまろやかでおいしいっ。




久々に訪れたアウトレットも店舗がいろいろと様変わりしていた。



買い物途中の芝生広場で、地ビール「軽井沢高原ビール」をのんでさらにテンションが上昇。
夕暮れがせまったと、草のかおりが気持ちいい!





バスが終わる時間は早いので、このさい新幹線でかえることに。

アウトレット内でバイトしてる友人にも挨拶できた。
おじゃましました。

そして、帰りの新幹線でもビール。
といっても新幹線だと、高崎までは15分程度でついてしまうのでちょっと急ぎ目で味わう。

夏季限定という「フレンチスタイル」はマンゴーのようなトロピカルな風味のある
とても飲みやすいビールでした。



電車で来ると気兼ねなく飲めるなあ。
大人って、いいね!

軽井沢、また、じっくり遊びに行きたいです。

関連記事

( 2011.08.12 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
イオンレイクタウン
姉にさそわれ、越谷のイオンレイクタウンにあそびに行ってきました。

映画館、アウトレットやレストランなど施設が充実したショッピングモール。
エリアが分かれていてとても広く、シャトルバスで移動するほど。

ここで初めてマッサージを受けました。
台湾式のマッサージ「ル・タン ラグジュアリー」にて。
やはり肩が重いので上半身集中コースにしてみました。

うーん、気持ちよかった~。終わったあとは血の巡りも良くてからだが軽くなったような感覚。
もう少し延長してもよかったかも…
眼精疲労から来る疲れをほぐすアイセラピーもいいなあ。

終わったあとはハーブティーをいただけます。

すっきりしたところで、フードコートでおひる。
とにかくいろんなお店があって迷いましたが「せんば自由軒」のインディアンカレーにトライ。
何かで見かけていちどたべてみたかったのです~



ルーとごはんが混ぜられたドライカレーに生卵がトッピングされてて、
自分でウスターソースで味を調整するちょっとユニークなカレー。

カレーは結構スパイシーなのですが、たまごがマイルドにしてくれているみたい。
小説「夫婦善哉」にもこのカレーが登場するのだそう。




アウトレットをのぞいたり、ぶらぶら。
いろんなお店があるので、歩いているだけでも楽しいモールでした。
もうすこし近かったらなあ。



関連記事

( 2011.08.04 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
甘いっ子
西荻窪の甘味処「甘いっ子」へ行ってきました。
以前2度ほど訪れたのですが、なかなかタイミングがあわなくって今回はじめての入店。

甘いっ子

やまだないとの漫画「西荻夫婦」で知り前々から行きたいな~と思っていたのです。

シロップではなくピューレ状のいちごがかかっている、いちごのかき氷を注文。
あんこと白玉ものせた「いちご白玉金時」にしてみました。


この日はかなり暑かったので、冷たいかき氷がおいしかった~。

しかし、かき氷はかなりのビッグサイズなので、
冷たく冷えた舌を常温に戻してくれる、白玉に助けられました。
アイスクリームの、ウエハース的な役割。
もちもちしておいしい。白玉だいすき。

このあざやかな赤が見たかったのでミルクはかけなかったのですが、
ミルクも絶対美味しいよね。次は頼む!

関連記事

( 2011.08.04 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] Sweets cafe
世田谷観音寺
近場の名所、世田谷観音までお散歩してきました。

ひっそりとしているけれど、国宝級の文化財があり
いろんなところからよいものが集まってきている、
なんというかバラエティに富んだ、みどころがたくさんあるお寺です。


旧小田原班の代官屋敷を移築したという、本坊。

setagayakannon_20110804

setagayakannon_20110804


鳴龍。したで手を叩くと音が響いて「龍の鳴き声」が聞こえます。

setagayakannon_20110804

ご本尊、聖観世音菩薩。
こちらでは本堂にあがって、じっくりお参りすることができます。
このときは私以外誰もいなかったので、しばし観音様と向き合ってゆっくり座り心をしずめることができました。
綺麗なお顔の、優しいお姿でした。畏怖の心を取り除いてくださるそう。

setagayakannon_20110804

setagayakannon_20110804

setagayakannon_20110804

どなたかに寄贈されたものでしょうか?
大胆な筆致のブルー。荒々しくうねる龍のように見えます。


setagayakannon_20110804

悪い夢、悪い思い出を良い夢に変えてくれるという夢違観音さま。


その他にも国指定文化財の不動明王像などがあるようですが月のきまった日しか見られないよう。
近いのでちょくちょく、訪れたいと思います。

桜や紅葉の季節に訪れるのも、たのしみ。




関連記事

( 2011.08.04 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
雨の深大寺
雨のそぼ降る深大寺。
一度、来てみたかったお寺です。
近いようで、遠かった。





カナカナ…となく蝉の声、サーッという雨の音、読経の声…
いろいろな音を聞きながらしんみり歩いて回りました。

釈迦堂 白鳳仏。





雨宿りしているさん。



この、木の周りに置かれた小さな石仏たちに妙に心引かれました。



開山堂




鬼太郎茶屋



木の上には鬼太郎のお家。




お店の2階では「メガネ出っ歯の男」おなじみの、サラリーマン山田としてよく登場するあの人が特集されていた。小学生以下は無料ではいれます。おとなは100円ドネイトシステム。








ところどころに妖怪が出現。子供がよろこぶだろうなあ。



わたくしのすきな妖怪「さがり」
どこにいるか?探してみるのも醍醐味かと。





深大寺はお蕎麦が有名、ということでお昼にしっかりいただいてきました。
お寺の周りはおそば屋さんが多くて迷ってしまうけれど、事前に評判のよかった「湧水」さんへ。
一番人気という天ざる。お蕎麦もつゆも香りが良くて、天ぷらもサクサク。
ごちそうさまでした。






その他のお写真はこちらから…

関連記事

( 2011.08.03 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
豪徳寺猫まいり
招き猫発祥の地といわれるお寺、豪徳寺にお参りしてきました。
広くて緑が多く、歩いているだけでいい気持ち。










猫観音が祀られている招猫殿。

その昔、彦根藩主井伊直孝が通りかかったこの寺の前で猫に招かれ
雨宿りしたのが縁で、井伊家の菩提寺になったのだとか。
猫えらい。ひこにゃんのモデルですな。








役目を終えた招き猫たちが、ずらりと奉納されています。





ちょっとはくりょく。

厄除けもやっているみたいだから、厄年になったらまた訪れようかしら…。

おみやげに購入した「ねこやき」




山下商店街の「サクラベーカリー」というパン屋さんで出会いました。
なんともかわいらしい招き猫のかたちの人形焼。
一緒に買ったブラウニーもおいしかった。

そういえば豪徳寺に行くために初めて世田谷線に乗りました。
2両編成のかわいい電車。

参拝するなら「宮の坂駅」が最寄り駅です。



関連記事

( 2011.08.01 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。