スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
さくらいろ
P1040432

風が強いけど、あかるい日。
久しぶりに、髪をきってきました。

看板犬ちゃんがシャンプーの時に
ひざのうえにのってくれて、癒された。

けさはあまりよくない夢をみて、少し心が重かったのだけど
髪を軽くしたら、心も、かるくなった。


桜がさいていないかとさがしたけれどまだつぼみのようなので
桜茶で、春を待ちます。


夜はFNS歌謡祭を見ていた。
「悲しみの果てに」歌詞のひとつひとつがいつもより染みる。
月並みな言葉だけど音楽の力ってすごいな…。


もうすぐ4月が始まり、仕事も区切りの時期。
気持も新たに、また、がんばろう。
スポンサーサイト


関連記事

( 2011.03.28 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] music
こおり
停電にそなえてつくったこおり。







なかなか綺麗です。


関連記事

( 2011.03.28 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
ほんとうの強さ
アンパンマンの作者、やなせたかしさんからのメッセージ。
思わず涙ぐんでしまった。


001.jpg

やなせ先生からのメッセージ。
http://anpanman.jp/etc/saigai_message.html


以前のエントリでやなせたかしさん自伝「アンパンマンの遺書」に触れましたが

その、本に書かれていた、アンパンマンが生まれた経緯。
やなせさん自身が徴兵、戦争を経験し、
飢えでつらい思いをしたことから
飢えた人に自らの顔をちぎってあげる、究極の優しさを持った
ヒーローが生まれたのだそう。

顔をあげたり水に濡れたら力が出なくなる、
あんまりかっこいいとは言えないヒーローだけど、

なんで私たちがこんなにアンパンマンを愛してるのか、
改めてわかりました。

ラジオが意図的にか明るいナンバーを流す中
不意に流れた「アンパンマンのマーチ」に勇気をもらった人も多いはず。

ここ数日で、勇気を持ったアンパンマンを、いろんなところで見ました。
私たちみんな、アンパンマンになれるはず。

関連記事

( 2011.03.24 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
Love


関連記事

( 2011.03.23 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
いつも いっしょ



関連記事

( 2011.03.23 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
幸せのひよこ
P1030707

一瞬でも

ほっとしたり

笑顔になったり

何かを思い出したり

してくれたら、いいなと思うのです。


関連記事

( 2011.03.23 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
犬はよろこび
犬はよろこび

関連記事

( 2011.03.23 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
春を呼ぶ
春がきたかと思えば一転、みぞれがふる東京。
でもきっと少しずつ、近付いているはず。




春が、来ますように。



関連記事

( 2011.03.23 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
価値観が、かわる
小沢健二のコンサート「ひふみよ」は暗闇のなかで、朗読からはじまった。

NY大停電の夜、帰れなくなった人々。ろうそくの明かりの中で
食事がふるまわれ、音楽が流れ、皆が歌う。あたりまえだと思っていた
価値観が変わり、少しのあいだだけどこれまでとまったく違う世界が見えた夜のはなし。

暗闇のなかで流れだしたビバップを聴きながら、
わたしにも一瞬だけどまったくべつの世界がみえた。

日本ではこの一週間で、多くの人の価値観が、
一瞬にして変わってしまったはず。起きるはずの無かった事が起きて、
信じていたものが不確かになった。

インフラが壊れて、新聞やテレビの情報がしんじられなくて、
自分たちが納得のいく情報を求め、選び、次の行動を決めていった。

被害にあいながらも人を気遣い、整然と配給の列に並ぶひとたち、
見ず知らずの家族を家に泊めるひと、全財産を寄付するちいさな子ども、
反政府デモの途中にたちどまって日本への黙祷をささげるひとびと。

皆が自分のことより他人のことを考える、思いやりにあふれた世界なんて
夢のなかの綺麗事だと思っていたけど、現実は想像よりずっと優しくって涙が出た。

ひふみよ」にも
小沢健二からのメッセージが掲載されていました。

 ―助け合い、とか思いやり、という私たちの力が本当の威力を発揮することを心から願っています。


わたしはこのところいつもこの曲を心のなかで思い浮かべています。
暗闇のなかの祈り、光、勇気。


♪戦場のボーイズライフ





 勇気を出して歩かなくちゃ
 上を向いて胸を張って

 何度も君の名前を呼ぶ
 本当の心捧げて呼ぶ


 暗闇の中挑戦は続く
 勝つと信じたい今は!

 そしていつか夏のある日
 太陽のあたる場所へ行こう

 子供のように手をつなぎ
 虹の上を走るように

 この愛はメッセージ
 僕にとって祈り
 僕にとって射す光

 いつだって信じて!
 いつだって信じて!


関連記事

( 2011.03.21 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] music
友達がいるのさ
20日、午前3時10分の月は「エクストラスーパームーン」
月と地球の距離が近づき、一年で一番大きな満月とのこと。

P1040398

明かりをつけなくても部屋が明るいくらいの月光で、
なんだか元気をもらったような気がする。



友達がいるのさ/エレファントカシマシ


 ♪東京じゅうの電気を消して夜を見上げてえな


いまなら現実になりそうな気がする。
いままでが明るすぎたもの。


関連記事

( 2011.03.20 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] music
暗闇から手を伸ばせ


地震から一夜明け目覚めるとどこも特番を組んで、ひっきりなしに地震について放送している。
ツイッターのTLにも絶えず不安、心配、祈りの声が流れる。
大きめの余震も続く。

遅れて届いたメールで家族の安否は確認できた。
両親は帰宅の途についてはいるけどJRが止まっていてなかなか、帰れないそう。

大宮の祖母とも電話がつながり一安心。タンスが倒れたりしたらしいけど、食器棚などは無事だったと。家にひとりだったのでさぞ恐ろしかっただろうなあ…。

午後、昼食がてら買出しに。スーパーはお米やパンの棚がスカスカ。お菓子もどんどん売れはじめている…。輸送の麻痺に加えて、不安に駆られた市民により、買い占めが始まっている様子。必要最低限の食糧などを買う。
近くのパン屋さんをのぞいてみたら、豊富な種類のパンがならんでいた。食事パンをいくつか購入。必要以上に買い込んでも仕方ない。


できることはとにかく節電、と必要最小限の電気で、過ごす。

18~20時が電力消費のピークということなので、できるだけ早めに食事の用意を済ませ、厚着をして毛布にくるまって暖をとる。窓から見えるけしきはこころなしか、いつもより暗い様子。
渋谷の電飾も次々におとされているとか。

やればできるんじゃないか。

本当に必要なものって最低限でいいんだな。


関連記事

( 2011.03.11 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] illust
その日
東日本大震災。

そのときは会社でちょうどコーヒーをいれて席につき、パソコンの画面を見ていた。
揺れを感じ、最初はちょっと大きめの地震かな?と思ったけど、一向におさまらず強まるばかり。


あれ?これは洒落にならないかも…と思いながら、いれたばっかりのコーヒーがこぼれそうだったので、ちょっと飲む。本当はそれどころではなかったのに、カップが落ちて割れないかとそればっかり気になっていた。ひとまず携帯やかばんなど、身の周りのものをもって外に出る。おぼつかない足どりで階段を下りながら手が震えてた。

まわりのビルの人々も一様に外に出て不安気に空を見上げたり同僚と言葉を交わしたり。ビルの上の、工事中のクレーンがゆさゆさ揺れていた。

一度、オフィスにもどる。コーヒーは無事でしたが、落ちたモニターがぽっきり折れていたり。

電話もメールもつながらないけれどネットはつながる。ツイッターでは一斉に地震の話題が飛び交う。気になっていた仙台のmamさんのつぶやきを、確認してひとまずは安心。こんなに真剣にツイッターのことばを追ったのは初めてかもしれない。

家族とはなかなか連絡が取れず、大丈夫だとは思いながらも連絡がつくまでは、漠然と不安。このとき両親は横浜のホテルにとまっていて、68階ラウンジにいたらしく相当揺れたそう。食器やら飾ってあったツボが割れて映画のようだったと…エレベーターも動かないので、しばらく動けなかったらしい。


地震後の対応は、帰宅指示が出る企業、待機指示の企業、各社さまざま。
帰ろうにも交通機関が麻痺してしまっているので、とりあえず仕事したり、情報収集したり、食料を買いにコンビニへ。おにぎりやパンがほとんど買い占められていた。

人々は建物内に座り込み、どうしていいかわからない様子。
遊びに来ていて突然地震に遭ったら、途方にくれるだろうな…。まだ、オフィスで待機できるだけよかったのかも。

TBSがユーストリームを開放。断片的に情報が流れ込んできて、少しずつ明らかになる全容に、これは本当に大変なことになったと、事態の大きさに驚愕する。

会社にとどまり朝、電車が動いてから帰宅する人、延々と歩く人、急遽自転車を買って帰宅する人…
わたくしは、最初歩こうと思ったけど、割と空いているバスが来たので乗ったところ、246でとまり、ぴたりと動かない。2時間ほどかかり、帰宅。

この日のことを、忘れない。

強く感じたのは、ツイッターなどのSNSから情報を得られるかどうかで大きな情報格差が生じているということ。ツイッターはデマも多いけど、フォローしてる人の質と数で、ある程度情報をくらべて、判断できるし。

また、今回「Skype」や、iphoneアプリ「Viver」での通話は問題なく、つながった様子。この機会に、iphoneに入れました。アイフォン同士なら無料で通話できるアプリ。
両親にも、入れるようすすめたい。

ひとまずは休息。
そして大きな被害を受けた地域のため、何が出来るか。
これからが、勝負です。

関連記事

( 2011.03.11 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。