スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
東京おもちゃ美術館に行ってきました。
お友達と、その息子くんと東京おもちゃ美術館に遊びに行ってきました。

おもちゃ美術館は東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目にあります。

この駅が曲者で、池袋方面の2番出口にはエレベーターがあるのですが、反対側の荻窪方面側にはありません…
反対のホームに駅の中から行こうとすると階段を昇り降りする必要があるので、まず地上に出て横断歩道を渡ったほうが労力少なそう。

ベビーカーで行くときは、まだ子どもが歩けない場合抱っこひもがあったほうがよさそうです。
片手で抱っこしつつベビーカーを抱えて階段を登るのはつらい。
駅員さんに声をかけてサポートしてもらえれば良いかも。

ちなみに乗り換えした四ツ谷駅でもエレベーターがちょうどよい場所になく、ベビーカーをかつぎました…。
でもベビーカーは駅員さんが運んでくれた。

四谷三丁目駅構内図
http://www.tokyometro.jp/station/yotsuya-sanchome/yardmap/

ようやく地上に着き、まずはお昼を食べておこうと、新宿通りに面した「ホテルウィングインターナショナルプレミアム東京四谷」の1FにあるBistroWというお店へ。


お野菜やスープ、パンなどを自由に食べられるベジタブルビュッフェにしました。小学生未満は500円とお得。
パスタなどメイン料理をプラスするとドリンクバーなどもついてくるそうですがビュッフェだけでも充分そうだったのでビュッフェのみ。
子連れだとゆっくりドリンクバー楽しめなそうなのでこれでちょうどよかった。



沢山の種類の野菜に、スープとパンでおなかいっぱいになりました。
2歳児が食べたのはコーンや枝豆、きゅうりトマトなどのお野菜とポテトや豆腐ハンバーグ、各種パンなど。

冷製コーンスープはこの季節嬉しい。
あとポテトにサラダのアンチョビやアボカドのソースを付けていただくのが美味しかった。


ばたばたとお昼を終えて、新宿通りから横道に入り少し歩くとおもちゃ美術館に到着。
他にも、美術館に向かうのであろう親子連れが数組いました。

もともと学校だった場所を改装したそうでなんだか懐かしい雰囲気。
ベビーカーはたたまず入り口の前においておくことができます。

料金は大人(中学生以上)は800円、こども(小学生まで)は500円。
大人とこども一人ずつのセットで1200円でした。

当日なら再入場できるそうなので早めに来て遊んだ後お昼を食べに出ることもできます。(館内は飲食禁止だそう)

館内はテーマごとにいくつかのスペースに分かれてます。

まずは1階の「赤ちゃん木育ひろば」へ。

こちらの部屋では0〜2歳児までしか遊べないということで、まだ2歳の今のうちに遊んでおかねばと思い真っ先に入室。
杉でできたころんとした温かみのある形のベンチや、優しい手触りの木製のおもちゃが並びます。

















平日でもなかなかのにぎわいでしたが、休日はかなり混雑するようで一家族につき一日一回、90分程度の制限時間も設けられていました。
授乳室やオムツ替えスペースもあるのでまだ小さな赤ちゃんと一緒でも安心。


次に訪れたのは日本各地の職人さんが作ったおもちゃが並ぶ「おもちゃのもり」


自分だけの空間で集中して遊べるドールハウス。





木の砂場。全身で木の感触と触れ合うことができます。
私も入りたい!でも大人が入ったら荷重がかかっていたそう。

IMG_0849.jpg



杉の木で作られたセンターハウスの階段を上がると、隠れ家のようになっています。
ずっとここでまったりしたいくらい落ち着けるスペース。





いもむしをマグネットのついた棒で引っ張り出したりくっつけたりするおもちゃ。
娘はこれが気に入りかなりの時間遊んでました。






こどもと一緒に安心してめいっぱい遊べる場所でした。

この2部屋で遊ぶだけであっという間に時間が経ってしまいました。
あまり遅くなると電車が混むので、他の展示室などはまた次の機会に…

ごっこ遊びのできる「おもちゃのまち きいろ」や、おもちゃを作れる「おもちゃこうぼう」なども楽しそうだったな。

年間パスポートもあるようなので(利用できるのは平日のみですが)手に入れて通いたいな。
ただ駅がちょっと大変なので、ベビーカー必要なくなったらちょくちょく来たい。

お友達の息子くんと久しぶりに会ったのですが、ふたりとも成長しなんとなくお互いを認識して楽しそうにしていたのがうれしかったな。もう少しおおきくなったら一緒に遊べるようになるかなー楽しみ。

東京おもちゃ美術館
http://goodtoy.org/ttm/index.html


四谷三丁目には無料で遊べる消防博物館やアンパンマンショップなどもあるので、まだまだ楽しめそうです。

実はこの近くに絵の学校があったため2年以上通っていました。
卒業後は研究生として籍をおいていましたが出産のため休学してからはなかなか来る機会がなく。
子育てが落ち着いたらまた、通う夢を抱いていましたが学校は残念ながらこの春に閉校してしまいました。

こどもと一緒にこの周辺に来るのはとても懐かしくふしぎな感じ。
また、遊びにこよう。
スポンサーサイト



( 2017.05.30 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
はじめての動物園

上野動物園に行ってきました。

以前から行きたいねといってたのですが、体調崩したりなどいろいろあったため満を持して。



ちらりと見えたパンダ。

結構広いので移動は歩いたりベビーカーを使ったり。



動く動物たちを見て嬉しそうにしてました。










お昼ごはんは、ちょっと寒かったので室内で食べられる西園食堂で。
キッズカレー、こぐまちゃんとしろくまちゃんのプレートが可愛かった。

セルフ形式で席数も多く、窓からキリンなどの動物が眺められるのが嬉しいレストランでした。



動かないと思いきや割とよく動いてたハシビロコウさん。



小動物ふれあいコーナーなどもあったのですが、途中少し眠そうな様子だったのでささっと通過。
主要な動物は見られたのでいいか、と出ることに。
少し寒かったかも。もう少し暖かい格好していけばよかったな。


動物園横の公園で少し遊ぶ。
ちいさなこども遊園地が閉園していたのが残念。動物園周辺整備のためやむを得ずとのことでした。
遊ばせてあげたかったな〜。

途中寝ちゃうかなと思ったけど、案外元気で帰りの電車でも寝ませんでした。

少しは、思い出に残ったかな?
次はもう少し暖かいときに行こうね。


#2歳1ヶ月



( 2016.12.05 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
深夜の狐行列を見てきた。
以前から一度見てみたかった、王子狐の行列を見てきました。

大晦日の夜に関東の狐が集い王子稲荷神社に参拝する…という伝承になぞらえ、毎年行われている深夜の行列。
kitune.png
歌川広重による浮世絵「王子装束ゑの木大晦日の狐火」

事前に参加登録すれば行列に参加することもできるそう。
狐のメイクと和装が必須とのこと。

今回は行列を見るのみですが、事前に狐のお面を購入していたので頭に付けて気分を盛り上げます。
こんな夜更けに家をでるのは久しぶりでなんだかワクワク。
娘はとっくに寝ているので夫とお留守番。

まずは駅近くの公園の待機スペースへ。
ここでは火が焚かれていて、暖を取ることができ甘酒やお汁粉など飲食物も売られている。
キツネメイクと和装をした参加者たちが集まってなんだか不思議な光景。
外国人の方も多かった。

P1150975

IMG_3987

P1150969

行列は大きな榎の木の下で装束を整えたという言い伝えからなる「裝束稲荷」からスタートするので、出発時刻より前に神社近辺に移動してみる。

神社のそばは思った以上に押し合いへし合いしており、はじまるまで身動き取れず。
行列のスタートを見たいならかなり早く行っていたほうがよさそう。

ベビーカーで寝入ったこどもをつれているおかあさんがいて、抜け出せなくてたいへんそうだった。

P1150985

ご神体なのかな?
普段は神社本殿の中にいる木彫の狐がお神輿に乗って運ばれていく。

P1150994

事前にクラッカーが配られ、新年を迎える瞬間にはカウントダウンが行われました。
日付が変わると一斉にクラッカーがならされ、おめでたいムードにつつまれる中行列は裝束稲荷を出発。

IMG_4019

IMG_4013

P1160020

行列は道路を歩くので警察の方がしっかり先導していました。

普段、車が沢山走っている駅前の通りを狐たちがぞろぞろ歩いていく様子はなかなか幻想的で、本当に狐に化かされているよう。知らずに出くわしたらびっくりするだろうな。

P1160032


P1160021


行列は最後、王子稲荷に集うので先回り。

P1160052

参拝の行列がすごいので、無理せずここで帰宅。これで深夜の冒険はおしまい。
こんどは娘と一緒に、参加する方にまわりたいな。

王子狐の行列
http://kitsune.tokyo-oji.jp/


( 2015.12.31 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] 妖怪
王子稲荷神社の凧市へ
王子稲荷神社で開催された凧市をのぞいてきました。



毎年初午の日に開催されるそうなのですがこの日は祝日ということもありすごい人!
参拝するにも長い列ができていたので、少し境内の様子を見るだけに。

混んでいそうだったので抱っこ紐で訪れて正解。
ベビーカーで来ている人もいたけれど、あまりの混雑にすすむのも大変そうでした。

子狐たちのお神楽が可愛かったなあ。

Peiccoさん(@p_eicco)が投稿した動画 -




いろいろな出店も出ていてにぎやかでした。


先に並んでお参りをしていたお義父さん、お義母さんから火防の凧をいただきました。
飾っておくと火事よけになるそうです。



今年、次の開催は二の午にあたる23日(月)。
天気が良ければ少しのぞいてみようかな。

凧市
http://www.kanko.city.kita.tokyo.jp/guidemap/event-takoiti.html


( 2015.02.19 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
安産祈願
じつは子を授かりまして、安定期にはいったので安産祈願すべく水天宮に参拝してきました。

お義母さんが誘ってくださり、暦のよい日に。現在、水天宮は改修中で仮宮だったのがすこし残念だけどご利益はきっとおなじはず。

むかしながらのさらしの腹帯と、腹帯に縫い付けるオールマイティタイプがあったので縫い付けるタイプを買っていただく。




子宝いぬは現在ロイヤルパークホテルで預かられてるそうで、せっかくなのでこちらもなでに行ってきました。干支である戌の字を念入りにさする。




安定期に入るまでは、つわりで気分悪かったのもあるけど時間が経つのがすごくおそく感じて祈るような気持ちで過ごしていました。

安定期に入ってからは引越しなどでばたついたこともありあっという間でした。

ぶじにうまれてくれることを願うばかりです。


iPhoneからの投稿


( 2014.05.11 ) ( ちょっとお出かけ ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。