スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
一汁一菜でよいという提案
土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」を読みました。

ichijyu.jpeg

概要としては、ハレの日の献立である一汁三菜がいつしか献立の基準とされてしまったけど日本ではもともと一汁一菜がふつうだった。具をたっぷり入れた味噌汁とお漬物とごはんがあればそれでじゅうぶん食事として成立している、けして手抜きではない。という考え方(と解釈しました)。

もちろん和食に限らずパンとスープなど、基本の考え方を踏襲すれば献立の幅はとても広い。

本の中で土井先生の毎日のお味噌汁が紹介されてるのですが、その具がウインナーや目玉焼き、フランスパンなど思いがけないラインナップで見ていて自由な気持ちになります。


たしかに、自分と子どもの食事ならごはんと具沢山のお味噌汁、納豆などで十分満足かも。
凝ったお料理をしても結局食べるのはご飯とお味噌汁、ということも多いし…

毎日の食事に対する肩の力が抜けるようで嬉しい。

夫は白ご飯があまり好きではなく夕食ではお米を食べないので献立はお肉か魚の主菜とサラダなどお野菜の副菜数品という感じ。あと毎晩晩酌をするのでその他、おつまみ的な品など。

お米でお腹を満たしてくれたら経済的だし楽なのになと思うことも…。


見かけにこだわらず、シンプルでも本当によいものを食べることのたいせつさ。
料理に関してだけでなく生き方を示してくれているような、良本でした。


書籍にはこの考えに至る経緯や家庭における料理の役割などより詳しく紹介されていますが
ネットで読めるいくつかの記事を読むだけでも基本的な考え方が理解できます。


「一汁一菜でよいという提案」 土井善晴さんがたどりついた、毎日の料理をラクにする方法
http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/

家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由
http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/

家庭料理のおおきな世界。 - ほぼ日刊イトイ新聞
https://www.1101.com/doiyoshiharu/2017-01-09.htm


ちなみにこの本も、こどもの食事ってこれでいいんだ!と、食事作りへの気持ちを楽にしてくれました。
伊藤理佐さんの「おかあさんの扉」で知った「子どもべんとう」と、「子どもこんだて」。
基本はごはんとお味噌汁、お漬け物。おべんとうも、ごはんが8割で80点。

C8C_GnFVQAAOIpH.jpg

C8C_Gm9VMAEcBD8.jpg

絶版なので中古で購入しました。





スポンサーサイト



( 2017.05.28 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
ぬか漬け、はじめました
幼少の頃、おばあちゃんの漬けたぬか漬けをよく食べていました。
実家を離れると食べる機会もなかなかなくなり、たまに購入しても味がどうも違うし、割高だし。

自分で漬けられたら…と思うも、においも気になるし、毎日手を入れて混ぜるなどズボラな自分には無理に違いない!とあきらめていたのですが、混ぜなくても良い!という素晴らしいぬかどこを発見し「これならできるかもしれない!」と勢いで取り寄せてみました。

はじめてみると、本当に簡単。タッパーもついているので、ぬか床に野菜をどんどんいれておくだけ。
冷蔵庫で保管しますがにおいはほとんど気にならず。
1〜2日で良い感じの浸かり具合に。





毎日の朝ごはんも、おにぎりと漬物があるだけで華やぎます。
娘(一歳8ヶ月)のお皿にもこまかくきったのを出していますがちゃんと食べています。





パプリカや、かためのアボカドを漬けたのが好き。
これに生ハムを巻いて食べるとワインにとっても合います。

毎日ではないですがいちおう野菜を替えるときに混ぜてます。
本当は手で混ぜたほうが良いのだと思いますが手あれもあるのでポリ手袋などで…


⇓私が頼んだのはこちらです。

たね坊のぬか床お試しセット




ちなみに、何度か漬けるうちに付属のタッパーでは容器が小さいと感じたので専用のホーロー容器も購入しました。
タッパーは今娘のおままごとのお野菜などを入れて活用してます。







( 2016.07.07 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
あまりものごはん
のこった食材を使いきりたくてつくったごはん

・鮭と青じそのたまごやき

お昼、おにぎりにした残りの鮭と細切りの青じそとでたまごやき、大根おろしのせ。少し塩気が強かったので反省。
ちなみにおにぎりにしたごはんは祖母のつくってくれたお赤飯。お赤飯と鮭って合うのだ。遊びに行くと必ずお赤飯と五目豆とそのときあるものを持たせてくれるの。小分けにして冷凍している。

・にんにくとじゃがいも、アンチョビのアヒージョ



おつとめ人は普段あまりおおっぴらににんにくが食べられないので週末はにんにくが食べたかろうと…ほうちょうの腹で半分つぶしてまるっといれる。じゃがいももにんにくも実家でつくられたもの。iherbで買って使ってなかったアンチョビを開けて、あまっていたパプリカも入れてオリーブオイルをそそぎふつふつなるまでオーブンで焼く。唐辛子は入れ忘れ。おいしいバゲットを買ったのでかるくあぶってオイルをすくいとってたべる。残ったオイルはあとでパスタにしよう。

・ふろふき大根とり味噌がけ

炊飯器でつくったふろふき大根にとり味噌をかける。とり味噌とはとりひき肉にみそ、ねぎ、生姜のみじん切りを混ぜ合わせてレンジでチンしたもの。

・ピーマンとたけのこのいためもの

ピーマンとたけのこの水煮を細切りにして味噌ダレで炒める。一部地域で愛されている「つけてみそかけてみそ」という調味料を入手したのでこれをベースにオイスターソースと生七味をいれて。チンジャオロースー風。あまったとり味噌もはいっています。


・サラダ

せんぎりキャベツとにんじんを玉ねぎドレッシングで和えて。ナッツとクミンをたしてみた。


量を少なめにしようと思いつつ、食材をつかっておかなければ、と思うとついつい多くなってしまう。なんせ今の時期胃が押し上げられているのかすぐおなかがいっぱいになってしまう。夜の炭水化物やめよ。でもパンておいしいね…!




( 2014.07.25 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
エルダーフラワーシャンパン
お友達に教えてもらった、エルダーフラワーのコーディアルシロップ買ってみました。
ほのかなハーブの香りがして炭酸でわるとシャンパンみたい。しばらくお酒がのめないので気分だけでも。






( 2014.06.29 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
和のうつわ
引越しをして人をおまねきする機会ができたのと、食器のスペースにすこし余裕ができたので、うつわを買い足しました。

和のうつわが気になるきょうこの頃。



ちょうどよいサイズの五寸皿。取り皿やちょっとしたお菓子など盛るのによいです。




( 2014.06.21 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。