スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
台湾旅行2日目〜九份〜
午後からはタクシーで九份へ。
台湾はタクシーが安い。初乗り200円くらいかなあ。
ぼったくりもそんなにないようなので、言葉が通じなくても目的を書いた紙を渡せば大丈夫。
ちなみにドアは自動で開かないので自分で開ける必要がある。昔は自動だったらしいのだけどバイクが多く事故が頻発
するので手動になったのだとか。

九份はもと金鉱の町。一時期は寂れていたけれど映画「悲情城市」の舞台となってからまた盛り返したのだそう。近年は「千と千尋の神隠し」のモデルとなったと言われさらに観光客が増えているそうです。





山の中の狭い通りにお店が並ぶ感じ、なんとなく江ノ島やモン・サン・ミッシェルと似た雰囲気。



気を抜くとどこか異空間に迷い込みそう。





大きな大根餅


「じゃすみんのみせ」こちらでいろんな香りのお茶を購入。




散策していたら雨が降ってきてしまった。
あまやどりも兼ねて「阿妹茶酒館」へ。宮崎駿監督もこのお店でお茶したとか。



テラス席に案内してもらう。



鉄瓶になみなみとお湯が入っており継ぎ足して飲める。







お茶セットについてくるお菓子。この緑豆糕(ウグイス豆の落雁のようなもの)美味しかったのであとで買いました。



日が暮れてあかりが灯り始める感じ、まさに千と千尋の神隠しの世界。

もと近郊の駅だった場所がカフェになっている。


映画館だった場所。今は営業していないけれど中が見られるようになっている






茶器などを売っているお店



店の軒先にいる犬くん
狂犬病が流行っているとのことであまり近づけませんでしたが、暑さのせいもあるのか皆だるそうでおとなしくしていました。

繁華街の裏手に行くと人通りは減りますがギャラリーなどが点在しているようでした。

金鉱の様子かな。


工房から出てきた猫くん。






逢魔が刻のせいもあるのか、この世とあの世の境目が曖昧になるような空間でした。
このどこかの山に墓所がありその入口は千と千尋…で千尋たちが車で迷い込む道のモデルとか。

ここに来ることができてよかった。
スポンサーサイト

▼READ MORE?
関連記事

( 2013.08.14 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
あじさい通り
姉と鎌倉へ日帰り旅してきました。
つねづねあじさいが咲く季節に訪れてみたい…と思っており、ようやく来ることができました。

まずはあじさい寺と呼ばれる明月院へ。
ピークが過ぎているのではと心配していたけれどまだまだきれい。

あじさいに埋もれそう。











そこから江ノ電で江ノ島へ。



おみやげ屋さんの並ぶ通りを一本脇道にはいると浜へ下りられる。
通りの賑やかな雰囲気が一変し、すこし寂しいムードです。






気ままにごろごろする江ノ島ねこたち




▼READ MORE?
関連記事

( 2013.07.01 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
大きな湖への扉と小さな水たまりへの扉
ギャラリーゑいじうにて、白水麻耶子さんの展示「大きな湖への扉と小さな水たまりへの扉」をみてきました。

モチーフに動物が登場する幻想的な世界。
ちょっとシャガールを思わせる。



アルミ板でつくられたブローチたち。
木彫りの人形や段ボールでつくった神様のような像…
なんだかお守りのような…呪術的なものを感じます。

素敵なカップでコーヒーをいただきました。モカマタリ。
スズキコージさんの絵とのこと。



こちらもスズキさんの絵とのことです。
鈴木さんはこちらのギャラリーの看板の絵を手がけたり展示されたりしているそう。




お茶をのみながら二匹の猫ちゃんの姿を見るのもたのしい。
カップルで、男の子のほうは毛並みがふわっとしているので「ふわ」ちゃん、女の子は「アタシ」ちゃんというそうです。
ネーミングセンスがいいよね。




この周辺には猫のすがたがたくさんあり、猫好きにはたまらない通り。





ゑいじう
http://www.eijiu.net/

白水麻耶子さんのホームページ
http://www.mayakohakusuiii.com/

関連記事

( 2013.06.28 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
[tag] cafe
ねこ歩き


銀座三越で開催されている岩合さんの写真展「ねこ歩き」みてきました。

平日だったけれどねこ好きの老若男女でごった返していた。

世界の猫たち、可愛くてか弱くてたくましくて、みていると胸がくるしくなる。

野良だったり飼猫でも放し飼いで毛がボサボサだったりするのがいい。

猫はどこにいっても猫。

たしかに、犬ってかなり大きさに幅があるけれど猫はある程度大きさが決まっているよね。

心に残ったのは六本指のビッグフットという子。
ちょうど「色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年」をよんだところだったので。六本の指は作中、象徴的なキーワードとして登場します。

ねこたちの自由なすがたをみてるとスケッチしたい!とうずうずしてくる。

可愛がられている子もいればきびしい環境をぎりぎり生き抜いてる子もいて

きれいごとかもしれないけど、願わくばこの子達がこのさきあまりひどい目に合わなければいいな。

iPhoneからの投稿

関連記事

( 2013.05.31 ) ( 美術展など ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
伊東のたび 〜1日目〜
3連休を利用して伊東へやってきました。
以前泊まった宇佐美とは一駅の距離ですがにぎわっているなー。

ビーチの前に立つ温泉宿に宿泊。






早速散歩に出ると、浜にはすでに海の家が並び、海水浴客もけっこういました。泳ぐのは無理だけど足だけでもつかって雰囲気を味わってみる。



観光地に来るとつい食べてしまうご当地ソフトクリーム。
名物の「ぐり茶」がかかったソフトクリームをいただきました。



温泉街を歩くのも楽しい。

ここはテルマエ・ロマエにも登場する東海林館。
今は旅館としては営業しておらず文化施設になっているようですが入浴は出来るそうです。









伊東猫




▼READ MORE?
関連記事

( 2012.07.14 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。