スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
一汁一菜でよいという提案
土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」を読みました。

ichijyu.jpeg

概要としては、ハレの日の献立である一汁三菜がいつしか献立の基準とされてしまったけど日本ではもともと一汁一菜がふつうだった。具をたっぷり入れた味噌汁とお漬物とごはんがあればそれでじゅうぶん食事として成立している、けして手抜きではない。という考え方(と解釈しました)。

もちろん和食に限らずパンとスープなど、基本の考え方を踏襲すれば献立の幅はとても広い。

本の中で土井先生の毎日のお味噌汁が紹介されてるのですが、その具がウインナーや目玉焼き、フランスパンなど思いがけないラインナップで見ていて自由な気持ちになります。


たしかに、自分と子どもの食事ならごはんと具沢山のお味噌汁、納豆などで十分満足かも。
凝ったお料理をしても結局食べるのはご飯とお味噌汁、ということも多いし…

毎日の食事に対する肩の力が抜けるようで嬉しい。

夫は白ご飯があまり好きではなく夕食ではお米を食べないので献立はお肉か魚の主菜とサラダなどお野菜の副菜数品という感じ。あと毎晩晩酌をするのでその他、おつまみ的な品など。

お米でお腹を満たしてくれたら経済的だし楽なのになと思うことも…。


見かけにこだわらず、シンプルでも本当によいものを食べることのたいせつさ。
料理に関してだけでなく生き方を示してくれているような、良本でした。


書籍にはこの考えに至る経緯や家庭における料理の役割などより詳しく紹介されていますが
ネットで読めるいくつかの記事を読むだけでも基本的な考え方が理解できます。


「一汁一菜でよいという提案」 土井善晴さんがたどりついた、毎日の料理をラクにする方法
http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/

家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由
http://kokocara.pal-system.co.jp/2016/12/19/ichiju-issai-yoshiharu-doi/

家庭料理のおおきな世界。 - ほぼ日刊イトイ新聞
https://www.1101.com/doiyoshiharu/2017-01-09.htm


ちなみにこの本も、こどもの食事ってこれでいいんだ!と、食事作りへの気持ちを楽にしてくれました。
伊藤理佐さんの「おかあさんの扉」で知った「子どもべんとう」と、「子どもこんだて」。
基本はごはんとお味噌汁、お漬け物。おべんとうも、ごはんが8割で80点。

C8C_GnFVQAAOIpH.jpg

C8C_Gm9VMAEcBD8.jpg

絶版なので中古で購入しました。





スポンサーサイト


関連記事

( 2017.05.28 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
サンタクロースになったよ。
クリスマス大好きなので毎年この時期は楽しい。

うちには、ツリーはないけれどいただいたリースやカードなどでなんとなくクリスマスっぽく飾ってみました。

子と一緒に飾り付けしたら楽しそうなのでいつか欲しい。
光ファイバーなどでなく、昔からある色々な色の豆電球がチカチカするようなのが良いな。





カードは最近絵手紙教室に通っているらしい実母が作って送ってくれたもの。






子に受けるかと思って作ったイチゴととバナナのサンタさん。
いちごの粒が揃ってなくて、顔もゆがんでいるけどそれなりに喜んで食べていたので作った甲斐があった。
こちらのレシピ参考にさせていただきました。

http://cookpad.com/recipe/1646920






チーズフォンデュ、アクアパッツァなどなど。






チキンなかなかの存在感でした。
商店街の鶏肉店で購入したのですが、予約していなかったのでいちばんおおきいサイズしかのこってなかった。


そして今年は枕元にプレゼントをおく、というサンタ業を初めてやってみました。

用意したのはリュックとポシェット。ふたつとも持ち歩いて気に入ってくれた様子。
去年はサンタという概念もよくわからないようだったけどことしは「サンタさん くるかなあ!」と楽しみにしていたので。

起きて袋をみつけたとき良い顔していたー。
実家からおくられてきたお洋服やぬいぐるみなども入れました。





しかしこのシステム、せっかく頑張ってプレゼントを準備してもサンタさんの手柄になってしまう。

なので夫からのおままごとセットは前日に「これは、パパからだよ」と念押しして渡した。



以前いただいた、WOODYPUDDYの木のおままごとセットの一つ、フライパンとトング、ベーコンなどのセット。
夫が知らないうちに準備していた。


いつか大きくなってから親が用意してくれていたことに気づくのも、またよいのだろうけど。

娘の笑顔がたくさん見られた良いクリスマスでした。

関連記事

( 2016.12.25 ) ( こどものこと ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
ぬか漬け、はじめました
幼少の頃、おばあちゃんの漬けたぬか漬けをよく食べていました。
実家を離れると食べる機会もなかなかなくなり、たまに購入しても味がどうも違うし、割高だし。

自分で漬けられたら…と思うも、においも気になるし、毎日手を入れて混ぜるなどズボラな自分には無理に違いない!とあきらめていたのですが、混ぜなくても良い!という素晴らしいぬかどこを発見し「これならできるかもしれない!」と勢いで取り寄せてみました。

はじめてみると、本当に簡単。タッパーもついているので、ぬか床に野菜をどんどんいれておくだけ。
冷蔵庫で保管しますがにおいはほとんど気にならず。
1〜2日で良い感じの浸かり具合に。





毎日の朝ごはんも、おにぎりと漬物があるだけで華やぎます。
娘(一歳8ヶ月)のお皿にもこまかくきったのを出していますがちゃんと食べています。





パプリカや、かためのアボカドを漬けたのが好き。
これに生ハムを巻いて食べるとワインにとっても合います。

毎日ではないですがいちおう野菜を替えるときに混ぜてます。
本当は手で混ぜたほうが良いのだと思いますが手あれもあるのでポリ手袋などで…


⇓私が頼んだのはこちらです。

たね坊のぬか床お試しセット




ちなみに、何度か漬けるうちに付属のタッパーでは容器が小さいと感じたので専用のホーロー容器も購入しました。
タッパーは今娘のおままごとのお野菜などを入れて活用してます。






関連記事

( 2016.07.07 ) ( キッチン ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
2016年5月10日
朝ごはんはしば漬けとたくわん、いりごまをまぜこんだごはんと、葱とじゃがいもの味噌汁。

最近の娘、「空」がわかったようで、お空が青いね、というと空を仰ぎ見る。
絵本で見た「こいのぼり」が実際に空を泳いでいるところを目にし、ほおっと感じ入っていたようす。

お昼は出かける前に準備しておいたとりみそそぼろチャーハン。つくりおいたねぎのしょうゆ漬けととりみそ、たまごをまぜこんでいためておいたもの。付け合わせにトマトサラダ。

夕食はささみの青じそ醤油あえ、朝のお味噌汁にあおさをいれたもの、エビとたことアボカドのマリネ、青梗菜のオイスターソースあえ、ぬかづけ。夫にはきのうのハンバーグに、つくりおきのきのこあんをかけてだした。

娘はあおさを気に入ったようで手でつかみだしてどろどろとたべていた。
生のあおさのりははじめて食べるかも。

最近楽しみに少しずつ読んでいる「エプロンメモ」
語り口がやさしく、昭和のなつかしさがありつつモダンな香りもする。
生活のヒントがたくさんちりばめられていて今よんでも役に立つことばかりです。


たとえば

ゆでたスパゲチを、そのままにしておくと、くっついてしまってほぐしにくく、困ってしまいます。ゆで上がったら、ちょっとサラダ油をたらしておくと、油のために、くっつくことがなくて、いつまで置いてもサラッとしています。


といったぐあい。スパゲチってのがいいなあ。

関連記事

( 2016.05.10 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
2016年5月9日
朝、たたき梅とごまのオイルおにぎり、和風キャロット・ラペ、トマトサラダ、にたまご。

ねむくてねむくて、朝の支度の途中すこし横になっていると娘が顔にぬいだ肌着をかけてくれた。
か、顔…。ありがとうね、とそっとどけるとまた、にこにことかけてくれる。

最近は私のシャツのボタンがはずれていると一番上までとめようとしてくれます。くるしい。


久しぶりに、買い物がてら公園へ。ベビーカーでのお出かけばかりで歩いて散歩、ということがあまりない。そろそろ…と、練習がてら公園やそのまわりをたくさん歩いてみる。まだやっぱりうまく手をつなげない。

人見知りが強いむすめ、知らない大人が近くにくるとかたまるけれど、その後バイバイの動作をする。

興が乗ってきたのか通りすがる人みんなに手を振る。
格好良い若者や気難しそうなおじいさんが恥ずかしそうに振り返してくれるなど、みていてなかなか面白い。

スーパーのそばでおじいさんおばあさんに「かわいいね!」「いくつかな?」など声をかけられ、かたまるが泣かず。
ほっぺやおなかをぽんぽんさわられる。

人によってはこんなふうにカジュアルにことわりなく触れてくるけど、こちらはちょっとドキドキしてしまう。
可愛くて思わず触りたいと思ってくれる気持ちはわかるのだけど。
こういうとき夫はほとんどスルーできるのですごいな。



▼READ MORE?
関連記事

( 2016.05.09 ) ( よもやま ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。