台湾旅行2日目〜九份〜
午後からはタクシーで九份へ。
台湾はタクシーが安い。初乗り200円くらいかなあ。
ぼったくりもそんなにないようなので、言葉が通じなくても目的を書いた紙を渡せば大丈夫。
ちなみにドアは自動で開かないので自分で開ける必要がある。昔は自動だったらしいのだけどバイクが多く事故が頻発
するので手動になったのだとか。

九份はもと金鉱の町。一時期は寂れていたけれど映画「悲情城市」の舞台となってからまた盛り返したのだそう。近年は「千と千尋の神隠し」のモデルとなったと言われさらに観光客が増えているそうです。





山の中の狭い通りにお店が並ぶ感じ、なんとなく江ノ島やモン・サン・ミッシェルと似た雰囲気。



気を抜くとどこか異空間に迷い込みそう。





大きな大根餅


「じゃすみんのみせ」こちらでいろんな香りのお茶を購入。




散策していたら雨が降ってきてしまった。
あまやどりも兼ねて「阿妹茶酒館」へ。宮崎駿監督もこのお店でお茶したとか。



テラス席に案内してもらう。



鉄瓶になみなみとお湯が入っており継ぎ足して飲める。







お茶セットについてくるお菓子。この緑豆糕(ウグイス豆の落雁のようなもの)美味しかったのであとで買いました。



日が暮れてあかりが灯り始める感じ、まさに千と千尋の神隠しの世界。

もと近郊の駅だった場所がカフェになっている。


映画館だった場所。今は営業していないけれど中が見られるようになっている






茶器などを売っているお店



店の軒先にいる犬くん
狂犬病が流行っているとのことであまり近づけませんでしたが、暑さのせいもあるのか皆だるそうでおとなしくしていました。

繁華街の裏手に行くと人通りは減りますがギャラリーなどが点在しているようでした。

金鉱の様子かな。


工房から出てきた猫くん。






逢魔が刻のせいもあるのか、この世とあの世の境目が曖昧になるような空間でした。
このどこかの山に墓所がありその入口は千と千尋…で千尋たちが車で迷い込む道のモデルとか。

ここに来ることができてよかった。
▼READ MORE?
関連記事

( 2013.08.14 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
ノートルダム〜マドレーヌ寺院
地下鉄をのりついでノートルダム寺院へ。


列ができてたので中にははいらず…


大変なことになってるね。




裏からみた造形も面白い。


ノートルダム近辺にはおいしそうなパニーニとかいろいろ売られていたのでここで軽く食べても良かったなー。

つぎにマドレーヌ教会へ。ギリシャ神殿風のすこしかわった外観。




こぢんまりしているけどとても良い。しばし中で座って放心していました。





▼READ MORE?
関連記事

( 2013.01.02 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
夜のモン・サン=ミッシェルに潜入
美しい夕焼けに見送られながら


本日の宿へ。




少しコンパクトだけど綺麗なお部屋。Wifiも飛んでます。
有料ですが、ロビーにWifiとPCを借りられるサービスも。


近くにマルシェもあって便利!ここでおみやげやシードルを買い込みました。


ごはんを食べた後はいよいよ夜のモン・サン=ミッシェルを見に行きます。
寒いので気をつけろと念押しされていたので、暖かい格好に着替えて…

対岸からシャトルバスが出ているのですが夜は運行数が少なく、歩くことに。
距離は2キロほど、歩いても30分くらいなのですがとにかく道が真っ暗。そういえばホテルのフロントで、歩いていく人にはライト貸してくれるっていっていたな。借りてくればよかった…と思いつつ、iPhoneの「懐中電灯」で照らしながら進む。歩いているうちにすっかり身体があたたまりました。

と、見えてくるライトアップされたモン・サン・ミッシェル…!


わー


▼READ MORE?
関連記事

( 2012.12.30 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
金沢の思い出
4~5年前、取材で金沢を訪れた時の写真をまとめました。


ひがし茶屋街。国の重要伝統的建造物群保存地区に認定され景観保存されているそう。
格子窓が特徴的な、趣ある通り。








重要文化財にも指定されている「志摩」を見学させてもらいました。







当時使われていた三味線や太鼓などの道具が残されています。






志摩の「寒村庵」では坪庭を見ながらお抹茶とお菓子をいただけます。








加賀友禅館で友禅の絵付けを見せていただいたり、着物を着せていただき街をそぞろ歩いたり。



主計町の茶屋街もまたすてき








泉鏡花記念館。泉鏡花の生家跡に立ち、遺愛品の展示や作品の世界が再現されていて鏡花ワールドにひたれます。
しかし泉鏡花ってきれいな筆名だなあ。

鏡花は干支のうさぎを大事にしていたそうで、うさぎの置物などうさぎにちなんだものを集めていたそう。
私もここでうさぎ柄のブックカバーを購入して大切に使っています。



緑豊かでとてもうつくしい兼六園。いつか、雪の季節にも訪れてみたいな。








大乗寺では座禅体験を取材。








近江町市場。金沢野菜や新鮮な海の幸が並ぶパワフルな市場です。











この取材では、石川在住のライターさんに車で案内してもらい、とても良くしていただきました。
駆け足だったのでもう一度ゆっくり訪れたいなあ、時間ができたから行ってみようかな…
と思っていた矢先、そのライターさんがお亡くなりになったと聞き、呆然としています。

急すぎて実感がありません。

一緒にアイスクリームを食べたり、おしゃべりをしたり、お寿司をごちそうになったり…。
写真を見ていたら細かいところまで楽しい思い出がどんどん蘇ってきました。

仕事でも責任感がありとても丁寧な方でした。
そして細かいところまで心遣いをしてくださる優しい方でした。
この写真の兼六園も、せっかく石川にきたのだから…と、ご好意でつれていってくださったのです。

また一緒に、お仕事したり、楽しくお話したりしたかった。

ご冥福をお祈りします。

関連記事

( 2011.08.13 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
さくらの里
散りゆく最後の桜を見ようと
両親とともに「さくらの里」に。

50種類を越える桜が植えられていて
咲き始めから4月の末まで長い間、
いろんなさくらが楽しめます。





妙義の山をバックに咲き乱れるさくらの姿は
隠れ里といった感じ。
この時期は八重桜が見頃です。



▼READ MORE?
関連記事

( 2006.04.29 ) ( ⇒国内 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )