スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
天壇公園
修理中の祈念殿



天壇公園には太極拳をやってるご老人がいっぱいいました。
動きがゆっくりなのでご老体にぴったりらしい。


ひとつ型というか動きを教わりました。
ひとつのすいかを(両手で丸い形を作って)割って(手刀で割る)
ひとつはあなたに(右に押し出す)もうひとつはあなたに(左に押し出す)・・・
・・・のような動きをゆっくりと。この動作をやると本当にそれっぽく見えます。
スポンサーサイト

▼READ MORE?
関連記事

( 2005.01.31 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
京劇
オプショナルツアーで北京オペラとも呼ばれる中国の伝統芸能、
京劇を見ました。「京」とは北京の京なのですね。

演目は西遊記。
ユーモアたっぷりの動きや表情で笑わせるので、
話が分からないながらも楽しめました。

PICT0159.jpg

本を読めなかった西太合が
なぜ政治を司ることができたのかと言えば
京劇を見て勉強したからなのだとか。


PICT0150.jpg

PICT0151.jpg

撮影OKなのは雑技と同様ですが、面白いのは、
俳優さんの支度を見ることができるところです。

少しお金を出せば一緒に記念撮影もできるそう。


関連記事

( 2005.01.31 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
万里の長城 [2005年01月30日(日)]
万里の長城です。
長さは全長6350km。登れる場所は限られていて、今回は八達嶺長城に。
PICT0.jpg
北京の寒さをあなどっていたことを死ぬほど後悔。
ブーツに包まれた部分はまだしも、薄いジーンズ一枚のももの感覚が無い。
この日の最高気温が0度。ここは山の辺りなので街よりさらに2~3度は気温が低いそうです。後で聞いたらマイナス8度とか言っていた。さらに容赦なく風が吹きすさんでいて、帽子が飛ばされないようにおさえるのも一苦労。

女坂と男坂があり登りやすそうな女坂のほうへ。
坂の石には所構わず名前が刻まれていて、どこの国にもアホウな人はいるんだなあ・・・と思いため息。
当然日本人の名前もあった。

PI3.jpg

らくだに乗って記念撮影ができるようす。
馬に乗って登れるサービスもあるようでした。
坂は途中かなりきつくなり、手すりにつかまらないと登れません。
もうこの辺に来ると皆喋らず、ハアハア言ってるだけなので言語の壁も無く、
この寒さときつさを共有しているもの同士、なんか戦友のような感じ。
女坂の、休憩地点のような場所で引き返しました。おそらくそこが一番急なのでは・・・登るのはいいけど降りるのが怖い。足を滑らせたら一気に転がり落ちてしまいそう。

この頃になるともう寒すぎて笑うしかないという感じでずーっと笑ってました。
笑顔が功を奏したのか、写真を撮ろうとしたら、立っていた監視員?の方がピースと笑顔を向けてくれたり、すれ違った交代の監視員?の方にも笑顔を向けられ、「称好、WelcometoBeijing」と声をかけられたり・・・。
寒い寒い言ってたら戻る途中日本人らしきおばあちゃんが、「軽装だものねぇ」と声をかけてくれた。おばあちゃんのほうこそ危ないのでは。

ようやくふもとに着き、逃げるように暖かい休憩室に。
休憩室では無料でお茶が振舞われるのですが、ただほど高いものは無く当然商売とセットです。
おもむろに近づいてきて流暢な日本語で話しかけてくるオールバックの男性・・・
お土産やさんの奥にある、ブランドコピーがびっしりの怪しい部屋に連れて行かれました。
国営のお店にこんなものがあるところが中国っぽい。

関連記事

( 2005.01.30 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
胡同めぐり [2005年01月31日(月)]
PICT012.jpg

時間に余裕ができたので胡同(フートン)という地区を輪タクで回りました。
漕いでくれたのは見たところ中学生くらいの少年。


PICT0133.jpg

PICT0130.jpg

この地区では景観保存のため、わざと古い街並みを残しているそうです。

PICT0134_1.jpg



貼り紙には、一酸化炭素中毒への注意書きが書かれています。
中国では多くの家庭で暖を取るのに練炭が使われているため、
一酸化炭素中毒が起こりやすいそう。
そういえば、輪タクで走っているとき町の至る所に練炭が積み重ねられていました。

母が昔、一酸化炭素中毒で死にかけたと言う話を聞いたことがあります。
命は取りとめたもののとにかく、気持ち悪かったとか…
当然のことながらそのとき死んでいたら私は生まれてないのですね。
▼READ MORE?
関連記事

( 2005.01.30 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
明十三稜



明十三稜は歴代皇帝のお墓です。

地下宮殿にも入りましたが、写真撮影禁止でした。
お墓を作るために集められた労働者たちは
半分しか帰れなかったといいます。

1つの石の間に一人の血が挟まっていると言われているそう。
ピラミッドのようだ。

あと、扉は物凄く重いのですが、
重量が真ん中ではなく
端にかかるようにしてあるので、開けられるんだとか・・・

あと、代が変わったとき先代の皇帝の棺は捨てられたのですが、
農民がその棺を拾って、周りの人がそんなことをしてはいけないと
忠告したのにもかかわらず棺で家具を作ったそうで。

ある日仕事を終えて家に帰ってみたら3人の子供がいなくなっていて、
探したら家具の中で3人とも死んでいた・・・という逸話があるそうです。
皇帝の祟り・・・?


中国独特の木、「エンジュ」という木。
枝が龍の爪のようなのでそのまま龍の爪とも呼ばれています。中国っぽい。
44.jpg



関連記事

( 2005.01.30 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。