スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
パリからの帰国
サテいよいよ旅も終わり。シャルル・ド・ゴール空港へ…


あまったユーロで最後におみやげを物色したり。

標識の色味がかわいい。
でも感覚的に日本では↑を使うだろうなって所で↓が使われてて戸惑うこともありました。



フランスはとにかくどこを見ても絵になるし、街中でもギラギラした広告がなくって歩いてて気持ちがよかった。



パリの人々はみんなスタイリッシュでした。特に女性。
引き算のお洒落というか、余計なものを身につけず本当に自分に合ったものをわかっていて着ている感じ。
日本ではみんな若作りするところを大人っぽくしようとしている。



そして、印象的だったのはベビーカーを押した若いマダムが地下鉄の階段のしたで「子供が寝ちゃったのでベビーカーを持ち上げるのを手伝って!」とフランクに頼んできたこと…ベビーカーに子供を乗っけたまま慎重に階段を上るの正直重かったのですが、本当にありがとう!とさわやかな笑顔でお礼を言われたので、こちらこそ!と自然に笑顔になった。


それで思ったのは、ここでは赤ちゃんやお母さんに優しくするのが普通のことなんだろうなあ。だから気負わずに声をかけられるのかなと。
日本でも、名指しして頼まれれば手伝ってくれるひとはいるのだろうけれど、なかなか頼む勇気が出る雰囲気がないのじゃないかな。



先日も飛行機内での赤ちゃんの鳴き声が耐えられない、という話が話題になっていたけれど…
自分に余裕が無いと大変だとは思うけれど、人としていつでもてだすけできる人になりたい。



あと包装がとてもシンプル。
スーパーは有無をいわさずマイバッグだし何か買ってもはかり売りで、がさがさっと紙袋に入れるだけ。

もちろん日本のいいところも再認識したし、帰ってきてほっとした部分もあるけれど。
やっぱり変に過保護、サービス過剰なものが多い気もする。

荷物や電車が少し遅れたからっていちいちはらをたてるのをやめて、省けるところは省いて、そのぶん あいた心で思いやりがもてたらいいよな…。



とかそんなことを考えながら、帰国してきました。

今回は体調不良などもあり一時は日本に帰れないのでは…と思う場面もあってはらはらしたけれど、事故にも盗難にもあわずに無事に帰れただけで御の字です。ほんとうはスケッチなどもしたかったけどいっぱいいっぱいだった!

実際に目で見てはじめてわかることがあるな。もっともっと旅したいです。
スポンサーサイト


関連記事

( 2013.01.03 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
ルーブル美術館へ
さて、本日はいよいよ最終日。
まずはルーブル美術館へ…



混んでいるとは聞いていたけれど、朝からかなり並んでおります。入り口でセキュリティチェックがありそれに時間がかかってるのかな。思ったより早く行列は進んだけれど1時間以上待ってようやく入場。



チケットは有人のカウンターと券売機どちらでも買えます。まずはインフォメーションで日本語パンフレットをもらって館内の様子をつかむ。




中は圧倒的に広くとても全部の作品を見て回ることはできないので、ピンポイントで見て回ります。とはいえどこもいちいちすごいのでスルー出来ない…!




ナポレオン3世の居室…ロワールの古城を見た時もスゴイと思ったけれどきらびやかさがけた違い。




も、もうそれくらいで…目がつぶれるー。




皇帝の椅子


これは見ておきたかったフェルメールの「天文学者」


「レースを編む女」思いの外ちいさいので近くでじっくり見たい。優しい黄色とふんわりした女性の顔立ちが印象的。フェルメールの描く女性は可愛いよね。


レンブラントの作品ばかりの部屋も。レンブラントは絵の前にいると教会にいるようななにやら静かな気持ちになるので好きです。


なんだか気になる…と思ったらモネがオンフルールを描いた絵だそう。


雪景色いいなあ。


ラ・トゥールのいかさま師


ルーベンスの連作「マリー・ド・メディシスの生涯 」






配色や配置にデザインを感じる。


サモトラケのニケ。一部が失われてるのでよけいに想像をかきたてられる。






ルーブルはあまりガードがなく貴重な絵にかなり近づいて見ることができるのだけど、さすがにモナリザはがっちりガードされているし、人だかりもすごいので近づけなかった。。


ルーブルで最も大きな絵、ヴェロネーゼの「カナの婚宴」






天井を見上げるとお迎えがきたかと思う。


言わずと知れたミロのヴィーナス。レプリカを目にしたことはあるけれど、ほんものの前にたつとやはりうつくしいなァと感じます。自然光を吸い込んで、表面からやさしい光が出ている。




思わず触れたくなってしまうようななめらかさ。




彫刻ってわっかんないなーと思っていたのですが、神話の場面がリアルに目前で展開されつづけているさまをみるとやはり圧倒されます。










古代オリエントやエジプト文明の出土品が思ったよりアツかった。


有翼人面牡牛像…イラクの宮殿を守っていたものだそう。








世界史で一度は習うであろう、ハンムラビ法典。


ダ・ヴィンチ・コードにも登場する逆さピラミッド


駆け足で見てしまったけれどほんとうは一日じゅう居てじっくり模写などもしてみたかった…。いつかまた訪れたいなあ。

▼READ MORE?
関連記事

( 2013.01.02 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
ノートルダム〜マドレーヌ寺院
地下鉄をのりついでノートルダム寺院へ。


列ができてたので中にははいらず…


大変なことになってるね。




裏からみた造形も面白い。


ノートルダム近辺にはおいしそうなパニーニとかいろいろ売られていたのでここで軽く食べても良かったなー。

つぎにマドレーヌ教会へ。ギリシャ神殿風のすこしかわった外観。




こぢんまりしているけどとても良い。しばし中で座って放心していました。





▼READ MORE?
関連記事

( 2013.01.02 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
新年のパリ散策
さて、本日は夫が体調を崩しているので、ひとりでパリ散策することに。
さいしょは、心細いのでオペラ駅付近までゆくみなさんとご一緒させてもらいました。

朝ごはん食べてるとき尋常じゃないくらい雨音がすごかったのですが(テラスだったからかも…)朝9時頃に外に出たらパラパラ、くらいだったので決行!



メトロは年明け12時頃まで無料とのこと。すりが多いときいたので、バッグをがっしりと持つ。駅によっては日本語でアナウンスが流れるところもあった。


まずはオペラ・ガルニエ。装飾がうつくしい。
中に入ってみたいなあ。




雨に濡れた道もいいかんじ。


何やら派手なメトロの入り口


朝日を浴びてかがやくルーブル美術館。本日はしまっております。年越しの名残なのか、ワインのびんがそこらに転がっていたり、あろうことか粗相がしてあったりとたいへんなことになっていました。パリっ子は、こんなに貴重な場所でよく、そんなことするな…!と思うけれどそれだけ身近な場所ということなのだろうか。明日あらためて行きます。



凱旋門。近くで見るとすごい迫力です。上までのぼりたかったけれど、あいにくしまっていた。









▼READ MORE?
関連記事

( 2013.01.01 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
港町オンフルール
本日は、港町オンフルールをしばし散策します。





旧港付近。細い建物がぎっしりと立ち並びおもちゃの街のよう。




新鮮な魚介を売っている市場


旧提督の館


▼READ MORE?
関連記事

( 2012.12.31 ) ( ⇒海外 ) ( COMMENT:0 ) ( EDIT )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。